FC2ブログ

13番目の満月

月を越えたいと願うなら誰より険しい山へ挑め。

青葉の歌

何も知らないから無垢でいられた

何も知らないから恐れずにいられた

いまは違う

ありのままではいられなくなったし

失うことが恐ろしい

でも

僕がいつか風になり君に吹かせることができるなら

そして

いまがそのための道程だというならば

何も恐れはしない

僕は謹んでこの身を紅く染めよう

そして喜んでこの身を大地に捧げよう
スポンサーサイト



別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 13番目の満月 |