FC2ブログ

13番目の満月

月を越えたいと願うなら誰より険しい山へ挑め。

『許されて』

ひとりでは生きられないということは
限りなく重い現実であるけれど
それでもよかったと思っている
わたしは孤独ではないのだから

皆、誰かを支えるために生きている
皆、誰かに支えられるために生きている

自分が今ここに存在するということを
呪いたくなるときもあるけれど
それでもよかったと思っている
必ず自分の居場所があるということだから

皆、誰かを許すために生まれている
皆、誰かに許されるために生まれている

支えてもらうことすら苦しいこともある
自分自身のことさえ許せないこともある

でもそれはきっと、あなたが強いから

他人を傷つけなくても自分のことは平気で傷つける
自分のことはさしおいても相手の幸せを願ってる

でもそれはきっと、あなたが優しいから

弱みを見せたっていい
完璧でなくたっていい
どうか自分を拒絶しないで
拒絶さえしなければ
誰もあなたを拒みはしない

あなたは世界とともに生きている
あなたの歴史は世界とともにある
スポンサーサイト



別窓 | the best | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 13番目の満月 |