FC2ブログ

13番目の満月

月を越えたいと願うなら誰より険しい山へ挑め。

moon mail

誰もいない夜月を見上げて
心の中だけでつぶやいた言葉は
ほかの誰にも聞かれなくても
月にはきっと聞こえてる

今日の月の光は明るすぎて
まるであなたを見ているようで
わたしは星のひとつにすぎなくて
近寄ることすらもはばかられるの

あなたへのひそやかな賛美の歌も
あなたを想って洩らしたため息さえも
ほかの誰にも聞かれなくても
月にはきっと聞こえてる

ときどき意味もなく悲しくなったりするのも
無性に泣きたくなったりするのも
最近いつになくあなたが優しいのも
みんな月の悪戯のせいね

見上げれば大きな月が輝いている
このかぎりなく愛しい時間が
まるで月からの手紙のように思えた
スポンサーサイト



別窓 | the best | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 13番目の満月 |