13番目の満月

月を越えたいと願うなら誰より険しい山へ挑め。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

わたしの仕事

わたしがかつて空だった頃
数え切れない想いがわたしをとりまいているのを見た
わたしはそれをひとつひとつ拾い上げて
送るべき人に届けるのがわたしの仕事だった

わたしがかつて海だった頃
数え切れない涙がわたしをとりまいているのを見た
わたしはそれをひとつひとつ拾い上げて
空に還すのがわたしの仕事だった

いま、わたしは人として、
数え切れない愛がわたしをとりまいているのを知っている
このちっぽけな身体では
支えてくれる人ひとりひとりには還せないけれど
それでもここにあるありがとうの気持ちを
ひとつひとつ示すのがわたしの仕事
スポンサーサイト
別窓 | | コメント:18 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 13番目の満月 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。