13番目の満月

月を越えたいと願うなら誰より険しい山へ挑め。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

氷山と花とわたし

表面に出ている部分よりも、
見えない部分のほうが多いことを
氷山の一角というのなら
つまり花が咲いている部分よりその根の部分のほうが
ずっと深いってことで
さらに表面に出ているわたしより
見えない部分のほうがずっと多いってことだから
もし出せる部分が限られているというのなら
精一杯見せてやれ
そして出せない部分は自分の中に
深く深く根を張るんだ
そうすればいつか
あなたの根とつながるかもしれないね
スポンサーサイト
別窓 | | コメント:10 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 13番目の満月 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。