FC2ブログ

13番目の満月

月を越えたいと願うなら誰より険しい山へ挑め。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

こころからからだへ

なぜ自分の身体なのに思い通りにならないのだろうと思っていた
そして自分の身体を疎ましく思っていた
だがそれは間違いだった
君は、心にあまりにも忠実であるがゆえに、病気になったのだ。
君は、心が不安を感じたとおりに、身体に反映しただけだったのだ。
今日、君には、どれだけ感謝したらよいかわからない。
よく無事に帰って来れたね
よく一日耐えて頑張ったね
生まれて初めて君のことを誇りに思った
そして生まれて初めて君のことを褒めたいと思った
ありがとう
だけど、もう、自由になっていい
わたしの誤った思い込みや否定的な考えに縛られる必要はないんだ
今まで君の頑張りを知らず、粗末に扱い続けてきた
いままでかわいそうな想いをしてきたわたしの身体、
どうか、わたしの頭と心から離れて、自由になって
どうか、自由に
スポンサーサイト
別窓 | | コメント:14 | ∧top | under∨
| 13番目の満月 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。