FC2ブログ

13番目の満月

月を越えたいと願うなら誰より険しい山へ挑め。

一人、歌う

あの人に話しかけられるとそれだけで嬉しい。
でも、彼が同じ笑顔で、他の女の子に話しかけているのを見ると、
どうしようもない嫉妬が広がってゆく。
彼女にはすでに決まった人がいるというのに、それでも。
嫉妬なんかめったにしたことがないというのに…
勝手に嫉妬して、あとで自己嫌悪に陥って…
自分はどんどん嫌な人間になってゆく。

あの人に触れられるとそれだけで心がときめく。
そして、彼も満更ではないのではないかとすら思ってしまう。
でも気付いた。
わたしが誰かに触れたりするとき…
それは、心を許しているのには違いないけれど…
異性の対象として見ていない人。
何とも思っていないから、それができるのだ。

そう、つまり…
彼はわたしのことなど、何とも思ってはいなかったのだ。

もう、やめにしよう。
届かない思いをいつまでも抱き続けるのは。
いつ爆発するか知れない見えない爆弾を抱えて生きるのは疲れました。

運命の絆で結ばれた人よ、
もしあなたがいるのなら
かの人のことを忘れるくらいに愛してください。
そしてあなたがわたしの前に現れてくれるなら
この心の痛みが忘れられるまで
あなたのことを愛させてください。
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | ∧top | under∨

いま、思うこと

最近詩の更新が止まっていてすみません。
(決してネタがないとか、そういうわけではないのですよ…苦笑)
別窓 | 未分類 | ∧top | under∨

悲しく嬉しい出来事

断ち切ろうとすればするほど、真逆のことが起こります。
別窓 | 未分類 | ∧top | under∨

この広い世界で

この広い世界で
わたしたちは出会った
何億もの人の中から
奇跡のようにあなたを見出した
でもあなたにはすでに決まった人がいて
それはきっとわたしにも言えること
だからいずれ遠くないうちに
どちらからともなく離れてゆくでしょう
そしていつか自分をすれ違った人の
一人にすぎなくなるでしょう
ですが言わせてください
好きになること自体が、罪だったのでしょうか?
どなたか教えてください
あなたほどの人が、どこにいるというのでしょう?
誰も傷つけたくないのが事実
でもせめて寸分でもこの想いが伝わって欲しいと願うのも事実
伸ばし続けてきたこの髪を切っても
封じ込めてきたこの想いは断ち切れそうにない
別窓 | | ∧top | under∨

続報です。

前回の記事の続報です。
別窓 | 未分類 | ∧top | under∨

無題

この世には想いだけでは、どうにもならないことがある。

(明るい内容とは言い難いので文字色を変えております。読まれる方は反転してお読みください)
別窓 | 未分類 | ∧top | under∨

小さな花

僕の可憐な小さな花よ
僕が雨であるなら
君に毎日の水を与えよう
僕が太陽であるなら
君を照らし温め続けよう

君は逃げることもせず
抗うこともせず
僕からの守りを必要とせず
すべてのものをただ受け容れ 
そして今ここにある
僕は君に触れることはできない
祈ることすらできない
だが空気に溶けた想いは風となり
優しく君に吹き込むだろう

僕の可憐な小さな花よ
僕が空であるなら
たとえ君が枯れてしまっても いつまでも見守り続けよう
僕が大地であるなら
いつか君が朽ちたとき 君を静かに受け止めよう
別窓 | the best | ∧top | under∨

放置しっぱなしで…

放置しっぱなしで、すみません。
別窓 | 未分類 | ∧top | under∨
| 13番目の満月 |