13番目の満月

月を越えたいと願うなら誰より険しい山へ挑め。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

今はまだ

生きることは
生かされることは

重すぎて
重すぎて
押しつぶされそうになる

わたしがいなくなってたとえ誰も困らなくとも
わたしにつながる誰かの緒を消すことを
知っているから

今は幸せも
普通に生きることさえも重い

今はありがたすぎて
畏れの念を抱いてしまう

感謝の歌は歌えない
この心が軽くなるまで
今はまだ
スポンサーサイト
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<汝よ、まず自らを愛せよ | 13番目の満月 | 光の緒>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 13番目の満月 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。