13番目の満月

月を越えたいと願うなら誰より険しい山へ挑め。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

水の心

面影は薄れてゆき

思い出は逃げてゆく

枯れたような私に

空虚だけが残された

今の心を何と呼ぼう?

何も感じることができず

悲しみさえも

この手に掬えぬ切なさを
スポンサーサイト
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<birth | 13番目の満月 | 光と闇と >>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 13番目の満月 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。