13番目の満月

月を越えたいと願うなら誰より険しい山へ挑め。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

恋する人魚姫

あなたを見ていると心がとろけそうになる
まるで熱々のパンケーキにのったバターみたいに
あなたの声を聞くだけで心が震える
あなたが息をしているというだけで奇蹟に思える
いまはあなたがわたしを知らなくてもとても幸せ
いつかあなたがわたしの名前を呼ぶことを期待してもいいかしら
いつかあなたの手がわたしに触れることを期待してもいいかしら
いまはまだ想像だけでもとても幸せ
でもいずれはそれで満足できない日がやってくるのでしょうか
スポンサーサイト
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<不滅の詩 | 13番目の満月 | ほんとうのしあわせ>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 13番目の満月 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。