13番目の満月

月を越えたいと願うなら誰より険しい山へ挑め。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

Juliet(ジュリエット)

本当に幸せを願うなら
関わるべきではなかった
あなたとわたしを隔てていたものは
障害ではなく運命でした。

この愛は罪だったのでしょうか
出会った事自体が、神に逆らうとでもいうのでしょうか
わたしたちはすべてから見放されました
信仰すら、わたしたちを救ってはくれなかったのです

近いうちにわたしの葬儀が行われることでしょう
親族の者はみな泣いているでしょう
でも今頃悔やんでも、誰も報われはしない
もうすべてが、遅すぎたのです。

進むべき道はありません
退路は絶たれました
これ以上、わたしにどこに行けというのでしょう

選択肢はありません
この世に希望は残されていません
あのひとは亡くなりました
だからわたしは死神と結婚します
スポンサーサイト
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<精霊の詩 | 13番目の満月 | 不滅の詩 >>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 13番目の満月 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。