13番目の満月

月を越えたいと願うなら誰より険しい山へ挑め。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

受け入れて

病気・貧困・天災・争い
なくならない限り真の幸せはないと思っていた
そしてそんなものがある世界を拒絶していた
等しく慈悲が与えられない世界なら滅ぶべきとも思っていた

でもそれは間違いだった

人の痛みを知るため
病気は必要だったのだ

互いに分かち合う心を築くため
貧困は必要だったのだ

日常への感謝の念を忘れないようにするため
天災は必要だったのだ

人と人とが本当に理解しあうため
争いは必要だったのだ

病気・貧困・天災・争い
存在することの意味すら考えなかった
なぜ世界にそんなものがあるのかずっと不思議で仕方なかった
でも今ならわかる気がする

どんなものでもいい、まずはこの世界を受け入れよう
そのうえで、今何ができるかを考えよう

すべての人を救う手立てはないかもしれない
皆が喜ぶ方法はないかもしれない

それでも最善と信じたことを行動し
そしてその歩みを止め続けなければ

いつか世界があるべき姿を見せる日がくる
いつか人が真の姿を思い出す日が来る
そしてその日が訪れるのはきっとそんなに遠くない
スポンサーサイト
別窓 | the best | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<聖典 | 13番目の満月 | 生きている>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 13番目の満月 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。