13番目の満月

月を越えたいと願うなら誰より険しい山へ挑め。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

high

昨日、僕は確かに死んでいた
でも今日の朝には僕は生きていた
僕は死んでも生き返る
生き返るたびに強くなる

明日死ぬかもしれない
でも再びよみがえるだろう
未来は訪れると信じているから
僕は死すらも怖くない

そう僕は死んでも生き返る
生き返るたびに賢くなる

あんなに高く感じた壁の、なんと小さいことだろう
いまならばはるか高く軽々と超えてゆける
僕はこれからも死に続けるだろう
それでも僕は自分の屍を超えて僕にたどり着く

そう僕は100回死んで101回生まれ変わる

この世で最後の衣を脱ぎ捨てた瞬間
目に映った世界は虹色に輝いていた
スポンサーサイト
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<終末の詩 | 13番目の満月 | moon mail >>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 13番目の満月 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。