13番目の満月

月を越えたいと願うなら誰より険しい山へ挑め。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

僕の辞書

誤字脱字ばかりで内容に乏しい
字は小さくてまるで読めない
さらに紙質が悪くて薄っぺら
おまけにところどころ抜け落ちている

僕は僕の辞書が嫌いだった
そして書き手である僕自身も嫌いだった

でもあるとき、奇跡が起きた
あるページを境に、僕の辞書は文字と絵とでいっぱいになった

折り目がしっかりとつけられたそのぺージの最初には
大きく『愛』と書かれていた
スポンサーサイト
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<漸近線 | 13番目の満月 | I feel(わたしは感じる)>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 13番目の満月 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。