13番目の満月

月を越えたいと願うなら誰より険しい山へ挑め。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

ラッキーマン

病気になってラッキーだった
なぜなら健康なときのありがたさがわかるから

無理が利かない身体になってラッキーだった
なぜならこれ以上身体をいじめずにすんだから

仕事を失ってラッキーだった
おかげでいまの仕事にもめぐり合えたしたくさんの人にも知り合えた

今日まで生きてこれてラッキーだった
なぜならここまでこれたのは誰かに見守られていたからと実感できるから

病気のために多くのものを失った
でも病気がなければ
今日一日無事に過ごせることに深く感謝なんかしてなかっただろう
ここまで豊かで幸せな気持ちになんかならなかっただろう

いま、僕はあらためて自分はラッキーだったと思ってる
スポンサーサイト
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<聖者の行進 | 13番目の満月 | 漸近線>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 13番目の満月 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。