13番目の満月

月を越えたいと願うなら誰より険しい山へ挑め。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

空の裏側

この世界はだれかに創られたもので
わたしたちは創られた存在というなら
この世にあるものは全部偽物かもしれない
そう、あなたもわたしも

この世界はだれかの都合で存在し
わたしたちもその都合によって生かされているならば
自分はなんのために生きるのか
その問いは意味を持たないかもしれない

それでもなお
目の前にあるものが真実だと思う限りは
わたしたちがわたしたちをお互い信じうるなら
偽物であってもきっと価値あるものだろう

でもいつか空の裏側へ行けるなら
そのときはわたしは真実に会えるかしら?

いつか空の裏側に行けるなら
スポンサーサイト
別窓 | the best | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<答えてください | 13番目の満月 | 追悼(ベトさんへ捧げる詩)>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 13番目の満月 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。