13番目の満月

月を越えたいと願うなら誰より険しい山へ挑め。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

lullaby(ララバイ)

あなたの口からは自分を否定することばかり
それどころか堕ちる自身を楽しんでいるかのよう
そのたびにわたしがどれだけ傷ついているかなんて
あなたにはわからないでしょう

わたしは最後まであなたの味方になると約束して
でもあなた自身があなたを否定するなら
あなたの敵になってでもあなたを守ると誓って
だけどその自信もいまではなくなりかけている

これ以上振り落とされて
それでもまだ希望を捨てずにいられるだろうか
どうしようもなく打ちのめされて
それでもまだしがみつく力は残っているだろうか

あなたを信じさせてください
呪文を唱えるように何度も繰り返す

あなたを愛しています
子守歌を聞かせるように何度も繰り返す
スポンサーサイト
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<時の垣間 | 13番目の満月 | >>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 13番目の満月 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。