13番目の満月

月を越えたいと願うなら誰より険しい山へ挑め。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

時の垣間

時はあまたの魔法を使って
さまざまな変化をもたらすけれど
それでも変えられないものがある

その澄んだまなざしも
心に響く優しい声音もなんら変わらない

いずれわたしが死にいたるとして
その間に多くのものを失っても
それでも奪えないものがある

心に映るわたしの天使
そして彼にまつわる想い出は誰も奪えない

時は流れ人もまた変わってゆく
でも交われる瞬間があるとするなら
そのときを決して離さない
そして再び自分のときを歩き出すんだ
いつか生まれ変わった世界でまた会うまで
スポンサーサイト
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<わたしの碧い海 | 13番目の満月 | lullaby(ララバイ)>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 13番目の満月 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。