13番目の満月

月を越えたいと願うなら誰より険しい山へ挑め。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

プレゼント

なにもかもうまくいかずふさぎこむ日々

自分は何のためにいるのと君は言った

消えてしまいたいと思うこともある

でも心を柔らかく開いて欲しい

今しか受け取れない贈り物だってあるんだ


愛を見失いひとりさまよう日々

もう誰も好きにならないと君は誓った

こんな心などいらないと思うときもある

でも心を柔らかく開いて欲しい

今しか受け取れない愛だってあるんだ


心はいつか花開いて

愛は再び君の手に戻る

今でしか与えられないプレゼントもある

君はプレゼントを暖かい心で包み

祈りを添えて誰かに渡すだろう
スポンサーサイト
別窓 | the best | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<茜色の空の下 | 13番目の満月 | 私が生まれた日に>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 13番目の満月 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。