13番目の満月

月を越えたいと願うなら誰より険しい山へ挑め。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

鳥の歌

鳥は飛ぶことを覚えて
はじめて空の高さを知った

せめてあの雲にまでは
翼が届くと思っていたのに

見上げればまだ高い空、はるか上にある雲
目的の地まではまだ遠い

それでも休まずになおも飛び続けるのは
ここが限界じゃないと知っているから


鳥は歌うことを覚えて
はじめて言葉の重みを知った

誰よりも通る声で鳴けばいいと
思っていたあの頃

己のありったけを込めたつもりで、愛の詩を歌っても
君の心にはまだ届かない

それでもあきらめずになおも歌うことをやめないのは
君に伝えたいことがたくさんあるから


力の限り羽ばたこう
魂の限りに歌おう
身体が動かなくなるまで
心を使い果たすまで

すべての仕事が終わったら
空を見上げて笑おう
そしてただひとつの願いを乗せよう
それこそあの空に届くように
スポンサーサイト
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<なみだ | 13番目の満月 | 15歳のあなたへ>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 13番目の満月 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。