13番目の満月

月を越えたいと願うなら誰より険しい山へ挑め。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

素朴な疑問

なんでみんな平等じゃダメなんだろうか
なんでみんな仲良くできないんだろうか
他の人と同じでいないと安心しないくせに
この人より優れていたいと思うのだろうか
わたしは他の人とは違うとか言いながら
自分と明らかに違う人は排除するのだろうか
その程度の優越感に
その程度の心の平安に
どれだけ価値があるのだろうか
なんでみんな幸せにではダメなんだろうか
それでだれかが傷つくのだろうか
そうは思いつつ
一向に変わらない現状に絶望を覚えながら
それでも問いを発し続ける

みんなが幸せになれるような方法ってあるんだろうか?
スポンサーサイト
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<氷河時代 | 13番目の満月 | 聖なる道>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 13番目の満月 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。