13番目の満月

月を越えたいと願うなら誰より険しい山へ挑め。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

荷物

人はそれぞれ荷物を持って生まれてくる
そして持っている荷物の中身は人によって違う
あの人はわたしより荷物が軽くて羨ましいとか…
あるいはあの人はたくさん持てるのに自分はとか…
わたしもずっと、思ってた
でも、あなたの荷物はあなたが生まれる前に決めたもの
あなたにとって一番必要なものをあなたが選んだの
だからどんなに重くともどんなに持ちづらくとも
あなたには大事で、欠かせないものなの
もし荷物を手放さずに最後の日を迎えたら
どうぞ、その荷物の中身を開けてみて
きっとそのときに、荷物だと思っていたものが
本当は贈り物だったと気づくから
この詩は『いやになっちゃったあなたへ』に寄せていただいたぴーさまのコメントから思うところがあって、できたものです。
ぴーさま、ありがとうございます。

あらためて自分のことを振り返ると、
子ども時代は荷物の重さにつぶされそうに思ったことがありました。
大人になってからは持つのが辛くなって手放そうと何度も思いました。
そして、ときどきは『なんて自分は運がないんだろう』(とくに仕事運関係)と
思うことは、やっぱり、あります。
でも、わたしにも、背負うものがあるんだ。
このことを思うと辛くもなりますが、逆に、勇気がわいてきます。
荷物を背負っていて重たいと、でもそれも、生きてる証かな…と。
いつか、本当は、もっと早い段階に、
荷物とされているのものが荷物でなくプレゼントであると思えたなら…
それでその人の人生は祝福されて、そして、そう思えれば、周りも、みんな幸せになるかな…
と、思います。
そのためにも今背負っているこの荷物の重みを愛しいと思えるようになりたいです。

スポンサーサイト
別窓 | the best | コメント:10 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<見守る愛 | 13番目の満月 | わさびの詩>>

この記事のコメント

素晴らしい詩ですね(^ ^)

「荷物だと思っていたものが 本当は贈り物だった」

メッセージは現実的で具体的ですが
生命のドラマ
悠久の宇宙の神秘すら感じさせます

等身大の「わたし」が書く 琴里さんの詩
すごくいいと思いますよ
2007-12-02 Sun 15:55 | URL | たびたま #MVJDkies[ 内容変更]
こんばんは! さっそく 来ちゃいました。 ○○歳の琴里さんが既にそこまで悟っている。 すごいと思いました。 私の荷物も、贈り物に変わったのかな?と考えちゃいました。

このブログに復活してからの琴里さん 輝いてますね! 限りない 未来を感じます。 琴里さんの未来に、琴里さんの気づきに、琴里さんのやさしさに乾杯!v-272 って またまた乾杯? いつか 「成功した詩人の会」とかでお会いできたら、最高ですね(また 空想しちゃった)
2007-12-02 Sun 19:49 | URL | genfavbook #8w8Th2ek[ 内容変更]
おや、なにかヒントになるものが ありましたか。
それが、こうやって詩になってくれて とてもうれしいです。

隣の荷物が軽そうでいいなぁと、何度 思ったことか。
本当は、隣の荷物は 軽いのではありません。
自分を鍛えて、軽く持てるように努力をしているのだと気づいてから、私だって持ってやる、捨てるもんか!と思うようになりました。
そうですか、あれは 贈り物♪
そう思ったら、ますます 捨てる事はできませんね。
2007-12-02 Sun 20:06 | URL | ぴ- #-[ 内容変更]
琴里さん、こんばんは
なぜか、人の荷物は軽く感じてしまします。。。
私はいつも「いいな~」って横目で見るタイプだったような、
今は少しづつ改善されたような気がするけど。
大事なものを持ち続けるには忍耐が大事ってことですよね。。。
なんか、それはわかる気がします。

荷物の中身は何が入ってるんだろう?
フライングして、少しだけ中身を見てみたいなと
思う。。。。ずっこい私です。
それじゃ、意味ないですよね(笑)
2007-12-02 Sun 22:30 | URL | ヒロヒロ #qT7Via4I[ 内容変更]
あたしも、ひろひろさんとおなじく、人の荷物は軽く感じてしまいます。
それから、、あたしの悪いくせは、自分より軽い荷物を持ってる人を羨ましく思うだけでなく、時には、憎らしい!って思うこと。義姉の問題は、まさにそれなんじゃ、、、、って感じです。


ここもひろひろさんとかぶりますが、、、
あたしもフライングで中味を見てみたい、、、。

でも、やっぱり最後じゃないと、見れないのかな、、、。

あ、いきなりですが、おじいちゃんは、ベッドの柵をもって起き上がろうとするくらい、元気になったそうです。

会いに行った時は、このまま、、、と言う感じだったので、ほっとしました。

そのとき、「無駄な延命はしない」と決めたという母の言葉に、
ベッドの上で苦しそうにしているおじいちゃんを見て、、、、

「このくるしいじかんは、おじいちゃんにとって、何のための時間?」っておもったけど、、、。
そういうじかんに、もしかしたら、人は荷物の中味を見ているのかもしれない。
って今ひらめきました、、、、。

おじいちゃんには、このままもっと回復して、おうちに帰れるようになって欲しいです。お正月は、みんなでおじいちゃんちで、集まりたいデス
2007-12-02 Sun 23:36 | URL | なつ #-[ 内容変更]
コメントありがとうございます!

>たびたまさま
>メッセージは現実的で具体的ですが
生命のドラマ
悠久の宇宙の神秘すら感じさせます

ありがとうございます(照)
わたしにはもったいないくらいの賛辞のお言葉…
でも、すごく、嬉しいです。

この詩自体はあとがきにもあるとおり、ぴーさまのコメントにヒントを得てできたものです。
わたしの場合今の自分の状態(=無職状態にならざるをえなくなった)について、あと、これまでのことを含めて(=自分で辞めた場合もありますが、会社が倒産・事務所閉鎖などの云々で転職せざるをえなくなった)
なんて自分は運がないんだろうと、思っていたんですが、
でも、そういう自分を省みて、それが自分の荷物なんだって思えて。
本当にむかつく荷物もありますし、放り出したくなることもしょっちゅうですが、
でも、ただひとつの自分の荷物だと思うと、愛おしくもなるんです。。。

>等身大の「わたし」が書く 琴里さんの詩
すごくいいと思いますよ

ここも、嬉しかったです。
ありがとうございます。
2007-12-03 Mon 11:38 | URL | 琴里 #tFLCjtZM[ 内容変更]
コメントありがとうございます!

>genfavbookさま

>こんばんは! さっそく 来ちゃいました。 ○○歳の琴里さんが既にそこまで悟っている。 すごいと思いました。 私の荷物も、贈り物に変わったのかな?と考えちゃいました。

ありがとうございます。
具体的な内容は、たびたまさまへのコメントレスで少し触れておりますが、
わたしにも人並みの苦労???は、あったのです。えへ☆
genfavbookさまは、きっと、すでに素敵な贈り物を持っていらっしゃるし、
また、持っている荷物も、立派なものなのでしょう。

>このブログに復活してからの琴里さん 輝いてますね! 限りない 未来を感じます。 琴里さんの未来に、琴里さんの気づきに、琴里さんのやさしさに乾杯! って またまた乾杯? いつか 「成功した詩人の会」とかでお会いできたら、最高ですね(また 空想しちゃった)

ありがとうございます!
どんなに(傍目から見て)辛いときでも、明るく生きられるように頑張ろう、って
思ってますので、それが寸分でも伝わっているなら、嬉しいです。
乾杯♪ありがとうございます。
『成功した詩人の会』で、ぜひ、お会いしたいです!
そのときにまた乾杯♪しましょう!
最後に…昨日の詩、本当に素敵でした。
2007-12-03 Mon 11:44 | URL | 琴里 #tFLCjtZM[ 内容変更]
コメントありがとうございます!

>ぴーさま
ぴーさまのコメントのおかげで、この詩ができました。
ありがとうございます。
自分も少しダルダルしていたところがあったので、あのコメントで目覚めたというか、前向きに生きなくては!と思えて、この詩になったんです。

>隣の荷物が軽そうでいいなぁと、何度 思ったことか。
本当は、隣の荷物は 軽いのではありません。
自分を鍛えて、軽く持てるように努力をしているのだと気づいてから、私だって持ってやる、捨てるもんか!と思うようになりました。

自分もそうです。他人をうらやむか、あるいは、自分の運のなさを呪ってばかり。
でも、
>自分を鍛えて、軽く持てるように努力をしている
これで、すごく、目覚めたというか…
実際に、ぴーさまは、ものすごく努力をしていらっしゃると思います。
その姿勢からはすごく前向きさが伝わってきますし、周りの方への強い愛情を感じます。
だから、今のすばらしいぴーさまが、いらっしゃるのだと、思います。

>そうですか、あれは 贈り物♪
そう思ったら、ますます 捨てる事はできませんね。

見た目いやだと思っているものが、実は、いちばん素晴らしい贈り物かもしれないんですよね。
おたがい、荷物を大事にして、歩んでいきましょう♪
2007-12-03 Mon 11:49 | URL | 琴里 #tFLCjtZM[ 内容変更]
コメントありがとうございます!

>ヒロヒロさま

>なぜか、人の荷物は軽く感じてしまします。。。
私はいつも「いいな~」って横目で見るタイプだったような、
今は少しづつ改善されたような気がするけど。

わたしだって、そうです。
わたしの場合はさらに『どうせ自分は。。。』となるので、ますます始末が悪い(爆)

でも、ブログを見る限りでは、ヒロヒロさまは今まですごく努力されていらっしゃいましたし、どんな状況でも前を見て頑張る姿勢が感じられますので、
『横目で見るタイプ』には、とても思えませんよ。

>荷物の中身は何が入ってるんだろう?
フライングして、少しだけ中身を見てみたいなと
思う。。。。ずっこい私です。
それじゃ、意味ないですよね(笑)

わたしも見たいなと思います。
そして、意味がないということはないと思います。
ただ、荷物の中身を見る=欠点を含めた自分を全部見る、ということだから、
果たして自分に耐えられるのだろうか?と思います。
多分ですが、『釈迦』とか『ソクラテス』とか『キリスト』とか…
そのほか、歴史に残るような方たちは、
生きているうちに、荷物を見ることができたのかも、しれません。
ただし、それとひきかえに、すごく重い使命・そして迫害を背負って。。

>大事なものを持ち続けるには忍耐が大事ってことですよね。。。
なんか、それはわかる気がします。
そうですね…
でも、重いぶんだけ、たくさん贈り物が入っていると思って…
頑張りましょう。わたしたち♪
2007-12-03 Mon 11:57 | URL | 琴里 #tFLCjtZM[ 内容変更]
コメントありがとうございます!

>なつさま

>それから、、あたしの悪いくせは、自分より軽い荷物を持ってる人を羨ましく思うだけでなく、時には、憎らしい!って思うこと。義姉の問題は、まさにそれなんじゃ、、、、って感じです。

憎らしい、と思うのは、人間の自然な感情です。
わたしは、憎らしいとはそこまで思わない代わりに、激しく落ち込みますし。。。
でも、憎らしいとだれかに対して思えることは、発想の転換をすれば、
誰かに対して深い愛情を抱ける、ということだと思います。
そう考えると、『憎らしい』も、悪いだけではなくなるでしょう?

>あ、いきなりですが、おじいちゃんは、ベッドの柵をもって起き上がろうとするくらい、元気になったそうです。

会いに行った時は、このまま、、、と言う感じだったので、ほっとしました

よかったです。
本当によかった・・・・
お祖父さまにとっても、お母さまや、なつさま、家族みんなにとっても、
本当によかったです。
このまま順調に回復してくださることを祈ります。
やっぱり、なつさまのおうちには、幸運の神様がいらっしゃるんですね!

>「このくるしいじかんは、おじいちゃんにとって、何のための時間?」っておもったけど、、、。
そういうじかんに、もしかしたら、人は荷物の中味を見ているのかもしれない。
って今ひらめきました、、、、。

お祖父さまにとっては、想像を絶するほど、辛い時間だったことでしょう。
でも、なつさまが仰るように、荷物の中身を、見ていたのかもしれない。
そして、まだまだ伝えることがたくさんあるから、戻ってこられたのでしょう。
そう、信じます。

>おじいちゃんには、このままもっと回復して、おうちに帰れるようになって欲しいです。お正月は、みんなでおじいちゃんちで、集まりたいデス

どうか、お祖父さま、家族のみなさまを大事にしてくださいね。
自分は、子ども時代に、早々と祖父ふたりとも亡くしていますので…
(いまは祖母ひとりしかいません)
もし、お祖父さま、お祖母さまがご存命というなら、本当に大事にしてあげて欲しいです。
2007-12-03 Mon 12:05 | URL | 琴里 #tFLCjtZM[ 内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 13番目の満月 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。