13番目の満月

月を越えたいと願うなら誰より険しい山へ挑め。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

見守る愛

あなたはわたしたちから
『神が見える目』を奪った
もし見えたら守ってくれることを当たり前に思うだろう
だからあなたはわたしたちから姿を隠したのだ

あなたはわたしたちから
『神の声を聴く耳』を奪った
もし聞こえるならその声をあてにしてしまうだろう
だからあなたは多くを語らなくなったのだ

でもあなたは
守るのをやめたわけでも
メッセージを送るのをやめたわけでもない

あなたはわたしたちのそばにいて
常に見守ってくださっている
気づくのを待ってくださっている
メッセージを受け取るのを待ってくださっている

これほどまでの愛を
見えないということは
聞こえないということは
悲しいことではあるけれど
でも、とても幸せなことなのだ
見えなくても、
聞こえなくても、
信じられるから
感じることができるから

感謝することができるから
この詩は11/29の詩『守護天使』に寄せられたたくさんのコメントがもとになっています。
皆様、ありがとうございます。

神とか守護天使に関する琴里的考え方として二通りあり、

①神とか天使が(人間とは別存在で)いて、わたしたちを守ってくださっている
②神とか天使と思われているものは、実はわたしたちのそばにいる(つまり、わたしたちのまわりにいる人たちすべてがそうだ)

今回は①の立場で書いていますが、
①②どちらも真実だと思っています。
(②の立場で書かれたものとしては『わたしは神!』がそうです。)

話はもとに戻りますが、
『愛』のなかで最高なのは、『見守る愛』だと思ってます。
そして、それが一番、難しいと思います。
本当に、なんで、神がいろとしたら、こんな世の中、滅ぼしてしまわないんだろう?
と、ブラックな気分のときは、いつも、思っていましたが・・・・
それでも、滅ぼさないということはまだ信じてくださっているということなのだろう。
まだ、待っていらっしゃるということなのだろう。

そう思って、少しでも御心にかなうように?頑張ろうと思います。
あらためて、たくさんのコメントに本当に感謝です!!
スポンサーサイト
別窓 | the best | コメント:20 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<meeting peaple(ミーティング・ピープル) | 13番目の満月 | 荷物>>

この記事のコメント

パチパチパチ・・・私からの拍手です。 聞こえますか? 今日はアレで腹痛ですが、それもすっ飛びそうです。 琴里さんの愛の言葉で。 

私も昔、「いっそ明日が来なければいい」とか思ってました。 とんでもないヤツです。 今はブログと言う表現の場もあり(おかげで スッキリしてます) 琴里さんをはじめ いろいろアーティスティックな方たちと知り合え、幸せです。

リアル友達にも感謝してますが、何しろアートな人が少ないので。 なかなか、理解してもらえないのです。 グチみたいですみません(今日は不調なので ごかんべんを)
2007-12-03 Mon 14:46 | URL | genfavbook #8w8Th2ek[ 内容変更]
琴里さん、こんにちは
おおっ、神様、素敵♪(軽い感想になっちゃいました。。。)

見守るって難しい事ですよね。。。
神様は私たちを守るために、耐えてくれてるのかな?
神様からのメッセージ聞き逃さないように
ちゃんと耳をすませてなきゃっ、なんて思いました。

よしっ、がんばれっ私??
無意味に自分を応援してくなる詩です。。。

2007-12-03 Mon 16:43 | URL | ヒロヒロ #qT7Via4I[ 内容変更]
うれしくなってしまいますね(^ ^)
なんて素敵な詩なんでしょう

たびたまは わたしたちひとりひとりが みんな 神の愛のひとしずくで
ひとりひとりが 輝ける 個たる存在でありながら
また同時に 大きな全体の一部である と 信じています

神のときは 永遠で 神の愛は 無限だから
荷物をしょって 果てしない 遠い道を歩く わたしたち ひとりひとりが
ほんの少しずつだけど ゆっくりゆっくり 成長していくのを
いつまでも 辛抱強く 待ってくださるはずです
2007-12-03 Mon 16:53 | URL | たびたま #MVJDkies[ 内容変更]
昨日ツリーを飾りながら、娘と神様について 話したところです。
「このてっぺんの星の輝きを目印に 神様は会いに来てくれるよ。」、と。
目には見えませんが、『感じることができるから』。
感謝の心も併せて持とうと思います。
2007-12-03 Mon 21:25 | URL | ぴ- #-[ 内容変更]
太陽の陽があまりに眩しく
神の笑顔を見た気がした
風が強く吹き付けて
神の忠告が聞こえた

祈りの後 痛みが消え
神の返事を受け取った
罪を犯し 戒めを受け
神のお叱りを受けた

見えないのに見えるのです
聞こえないのに聞けるのです

確認などできないのに
触れることなど滅相もないのに
感じることができるのです
2007-12-03 Mon 22:31 | URL | 十萌 #-[ 内容変更]
見守るって寛大でないとなかなかできないことですよね。

奥が深いものです。

応援くりっく!ぽちっ
2007-12-04 Tue 00:27 | URL | 福岡笑顔整体+健康の知恵袋:院長 #-[ 内容変更]
「愛」の中で最高なのは、見守る愛、、、、。
この考え、最高です、、、。

あたしが母親になったら、こういう形の愛を与えてあげられる母親に、なりたい。。。そう思いました。

あたしは、それとは真逆の「何事にも手を差し伸べられる愛」で育ちました。
それはそれでありがたかったけど、、、、。
何をするにも、母の許可なしではできない感じもして、、、。

今もそれは続いているような気がするのです。30にもなって、、、。
2007-12-04 Tue 00:37 | URL | なつ #-[ 内容変更]
神様の私たちを「生かす愛」って凄いですよね。
琴里さんのおっしゃるとおり神様が目に見えて耳に聞こえる当たり前の存在であったら皆甘えてしまって人間の成長はありえないでしょうね。
子供が「神様1+1の答えを教えてください」と言って神様が「それはね2だよ」なんて答えてくれたら子供達は考える努力をしなくなっちゃいますよね。
そんな中には成長はありえないですね。

親子の関係も同じですね。
今私も子育てで悪戦苦闘していますが、やはりこの「見守る愛」が大切だとよくよく思います。手を出しすぎても良くない無関心でもいけない。
見守ることって本当に難しいけれどとっても大切なこと。

素敵な詩をありがとうございます。
見守ることの出来る母親になれるよう努力してみたいと思います!


2007-12-04 Tue 06:30 | URL | yuko #Xlf.8pIU[ 内容変更]
コメントありがとうございます。
レスが遅れましてすみません!

>genfavbookさま
拍手ありがとうございます。
お体の具合は、大丈夫でいらっしゃいますか?
どうか温かくして、気持ちをゆったりと過ごしてくださいね。
わたしもこのブログはじめてから、いろいろな方と知り合えて感謝しています。
genfavbookさまの言葉からも、いつも素敵な刺激を頂いてます。
本当に、ありがとうございます。
たまには愚痴ってすっきりなさってください♪
2007-12-04 Tue 13:02 | URL | 琴里 #tFLCjtZM[ 内容変更]
コメントありがとうございます。
>ヒロヒロさま

『見守る』と『放置する(傍観する)』は、別物ですからね…
見守る場合、仮に常に見ていなかったとしても、心はその人のそばにいなければいけないから、それが大変なのかなと思います。

>神様は私たちを守るために、耐えてくれてるのかな?
神様からのメッセージ聞き逃さないように
ちゃんと耳をすませてなきゃっ、なんて思いました。

そうですね。
神様のメッセージは直接入ってくる場合もあるし(アイデアが浮かぶ)
間接的に入る場合もあるし(人を通してすごく重要なことを伝えてくれる)
どちらにしても、毎日、心をこめて、人を大事に、生きて生きたいですよね。

>よしっ、がんばれっ私??
無意味に自分を応援してくなる詩です。。。

たぶん、そうやって気持ちを奮い立たせることが、
一番、神様は、喜ぶと思います。
その意気で、ヒロヒロさま、頑張ってください!
2007-12-04 Tue 13:05 | URL | 琴里 #tFLCjtZM[ 内容変更]
コメントありがとうございます。

>たびたまさま

たびたまは わたしたちひとりひとりが みんな 神の愛のひとしずくで
ひとりひとりが 輝ける 個たる存在でありながら
また同時に 大きな全体の一部である と 信じています

すごく祝福されたメッセージ、ありがとうございます。
人ひとりひとりの生は、かぎりなく重く、そして尊い。
そして、大きな宇宙を作り上げている。そう思います。
そのことを考えたなら、自分勝手な想いで生きようとか、軽々しく命を絶とうとか、思えなくなると思います。
ひとりひとりがたびたまさまのように考えて生きられるなら、生きることそれ自体も、もっと光り輝いてくるものだと、思います。

>神のときは 永遠で 神の愛は 無限だから
荷物をしょって 果てしない 遠い道を歩く わたしたち ひとりひとりが
ほんの少しずつだけど ゆっくりゆっくり 成長していくのを
いつまでも 辛抱強く 待ってくださるはずです

神様は大変だと思います。
あと何千年たったら…いや何万年?と思っているかも、しれません。
それでも、神様が信じてくださる限り、どんなことがあっても、わたしたちは歩くのを辞めたらいけないのだな、と思います。
すべてが終わって最後に神様のところに会いに行くとき、晴れやかな顔であるように、そのためにも毎日一生懸命に生きてゆきたいです。
2007-12-04 Tue 13:11 | URL | 琴里 #tFLCjtZM[ 内容変更]
コメントありがとうございます。

>ぴーさま

>「このてっぺんの星の輝きを目印に 神様は会いに来てくれるよ。」、と。
ぴーさまはなんて素敵なお母様なんでしょう。
こういうことをお子さんに言えるなんて、すばらしいです。
そして、素直に受け入れているお嬢様も、素敵です。
きっと、神様は、遠くから見ていて、微笑んでいたことでしょうね。
わたしも、親になったとき、ぴーさまのようなことを、子どもに言ってあげられる人間になりたい、って、思いました。
2007-12-04 Tue 13:14 | URL | 琴里 #tFLCjtZM[ 内容変更]
コメントありがとうございます。

>十萌さま
すごく格調高くて素敵な返詩、ありがとうございます。

打ちひしがれている者たちよ、
わたしはあなたがたを見放してはいない

悲しんでいる者たちよ、
わたしはあなたたちを見過ごしてはいない

時には風になり、空になり、そして誰かの口を借りて
わたしの言葉を伝えよう
わたしの心すべてを伝えよう

あなたがたの信頼は
わたしの力になっている
わたしを生かしてくれている

それがわたしがここに留まり続ける理由
そしてわたしがわたしでである理由でもあるのだ

--------------------------------------------------------

返詩として未熟すぎの感もあります…すみません。
でも、ここに書いたように、
もしかしたら、わたしたちが『信じている』ことが、
神様をまた、生かしているのかもしれない、とも、思うのです。
わたしたちは(圧倒的にもらうほうが多いけれど)
もしかしたら、神様に、何かを、返せているのかも、しれません。
2007-12-04 Tue 13:24 | URL | 琴里 #tFLCjtZM[ 内容変更]
コメントありがとうございます。

>福岡笑顔整体+健康の知恵袋:院長さま

応援クリックありがとうございます。
おかげさまで、ランキングずいぶん上がってます^^感謝です。
見守る愛って、本当に、寛大でないとできないですよね。
そして、強い心、
相手に対する信じる心がないと。
お医者さまの仕事も、似ているところがあるのではないか、と思います。
お金としての報酬はありますが、それ以上に、患者さんの感謝が報酬。
そして、病気とも辛抱強く闘っていかなければならない。
尊いお仕事をしていらっしゃることに敬意を表します。
2007-12-04 Tue 13:29 | URL | 琴里 #tFLCjtZM[ 内容変更]
コメントありがとうございます。

>なつさま
ちょっと長尺な文章になるかもしれません。すみません。

>あたしは、それとは真逆の「何事にも手を差し伸べられる愛」で育ちました。
それはそれでありがたかったけど、、、、。
何をするにも、母の許可なしではできない感じもして、、、。

なつさまのお気持ちは、よくわかります。
ブログを拝読した限りでは、お母様は愛情深いお方で、そしてちょっぴり心配性で、もしかして、何でも先を読んでやってしまうタイプの方なのかも、しれません。
ただ、なつさまのブログをいままで拝読して感じた限りでは…
なつさまは、とても、恵まれていらっしゃるな、ということでした。
とても優しいお母様で、そして、限りなくなつさまに愛情を持っていらっしゃっていて。

ヒロヒロさまのコメントでも多少触れましたが、
『見守る愛』と『傍観する、放置する』とは、全然違います。
ですから、『見守る愛』ができる方は、本当にすごく少ないと思います。
お母様はお母様なりに精一杯できるかぎり、なつさまに愛情を注いでくださっていた。わたしには、そんな気がするのです。

見守る愛はたしかに最高の形だと書きましたが、
どういう形の愛が正しくて間違っているというのは、ないと思います。
誰かのために精一杯尽くす心、それが大事ではないかな、って。

なつさまは「何事にも手を差し伸べられる愛」で育ちました、と自覚していらっしゃいます。
もちろん、たとえ、親の愛情が薄くとも、子どもに愛情を持って接することのできる、立派な女性はたくさんいます。
ですが、愛情をそれほどまでに受けたと自覚できることは、やっぱりすごいことだと思うのです。

なつさまはお母様だけでなく、たくさんの方の愛情に恵まれていらっしゃるのですから、今度は、なつさまが一番いいと思うやり方で、彼等に愛情をお返しすることができれば、それでいいのではないかと思います。
そんな中で、きっと、接し方や愛し方も分かってくると思いますし…

って、激生意気文章ですみません。
でも、なつさまなら、きっと、いつか、素敵なお母様になれると思います。
愛し、愛される喜びを、たくさん知っていらっしゃるのですから。
2007-12-04 Tue 13:42 | URL | 琴里 #tFLCjtZM[ 内容変更]
コメントありがとうございます。

>yukoさま
いえいえ、恐れ入ります^^
わたしなんか、子育てどころか結婚すらしていないのに…という感じなのですが。
>今私も子育てで悪戦苦闘していますが、やはりこの「見守る愛」が大切だとよくよく思います。手を出しすぎても良くない無関心でもいけない。

仰るとおり、子育てってとても難しいと思います。
ただ、なつさまへのコメントでも述べましたが、
仮に『見守る愛』が最高だったとしても、どの愛し方が正解で、どれが間違いなんていうものはない、そのとき、一番いいと思った愛しかたで、いいのではないか、と思います。
よかれと思って結果的に悪かったということは、たくさんあります。
そしてそれで、10代のときに、親をさんざんなじったことも、あります。
ですが、親が、そのとき最善だと思ってやってくれたんだ、ということは、
あとで必ず伝わります。自分も、ずいぶん生意気だったんだな、と、大反省してますし。。。
あと、yukoさまの場合はとくに、ですけれど、『頑張っていらっしゃる親の姿』を見せる、これ、かなり、大きいと思います。
たとえ構ってあげられる時間が少なくても、頑張っているお母さんを見たら、
子どもは、自分も頑張らなきゃと思うし、応援するものだと思います。
(…と、わたしの親子論議みたいになってしまいました、すみません)
2007-12-04 Tue 13:52 | URL | 琴里 #tFLCjtZM[ 内容変更]
懐が深い高尚なブロガーの方から濃いコメント頂けて
大変驚きました!
しばらく社会に潜伏してたので
御返事遅れましたが
本当に感謝です!
自分はコメント苦手で
大したことは全然言えませんが
感謝は出来ます!
拍手を押しました。
何度も押したはずです。
よく分かりませんが
強めに押してみました!

2007-12-04 Tue 16:19 | URL | 青山哲哉 #-[ 内容変更]
コメントありがとうございます。

>青山哲哉さま

こちらでははじめまして。
琴里と申します。よろしくお願いいたします。
拍手、ありがとうございます。
『強めに押しました』というのが、なんとも嬉しいです。
(ちなみに、ブログランキング計のものは、ひとり1回で10ポイント入る仕組みになっています)
青山さまがブログランキング参加の際は、ご一報ください。
ちなみに、自分は、高尚じゃないですよ。。。
(俗物な詩も書いてますし、レッズが負けたら暴れますし。。。)
レッズは…FIFAクラブワールドカップに期待しましょうwww
2007-12-04 Tue 18:21 | URL | 琴里 #tFLCjtZM[ 内容変更]
しろつめぐさと申します。

実は、たびたまさんのお部屋で、度々お目にかかっているのです。
ブログランキングからのネットサーフィンの果て、
琴里さんのブログにそっとお邪魔したのが先だったのか、
たびたまさんを先に訪れたのか、最早分からなくなってしまいました。
51歳の神奈川県のオバチャンです。

ちょうど、先週参加したカトリックの黙想会で、
「信仰とは、望んでいる事柄を確信し、
見えない事実を確信することです。」(へブライ人への手紙11章)
という有名な箇所が話題になりました。
このみ言葉を読みますと、カトリックとしての自分の危うさに、
いつも思い当たります。

それで、先日も「思い当たったばかり」でしたので、
この詩にふっと惹かれて、厚かましくもコメントさせて戴きました。
どうか、これからもお邪魔させてください。
2007-12-05 Wed 09:07 | URL | しろつめぐさ #-[ 内容変更]
コメントありがとうございます。

>しろつめぐささま

はじめまして。
琴里(ことり)と申します。よろしくお願いいたします。
この詩ではいちおう神らしきものが登場しますが、この神を、
誰と特定しているわけではないので、それぞれご自身が信じる存在を当てはめて拝読いただければ、それでいいと思っています。
ところで…
宗教について深く語りだすと、大変なことになるので手短にいきますが、
たとえば、信仰心が深いから良くて、浅いから悪いとは、わたしは思っていません。
たとえ何の神を知らなくても、信仰の根本そのもののような生き方をしているような方は、たくさんいらっしゃいますし…
このようなごちゃまぜ理論を持っているわたしですが、
もしそれでよろしければ、今後ともおいでいただければ幸いです。
2007-12-05 Wed 16:15 | URL | 琴里 #tFLCjtZM[ 内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 13番目の満月 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。