13番目の満月

月を越えたいと願うなら誰より険しい山へ挑め。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

落ち葉の詩

木にしがみついていたときは
あれほど風を恐れていたのに
いま 開放感に溢れ 軽やかに舞っている
そう
自分が木の一部でなくて
一枚の葉っぱであることを
心から喜んでいるかのように
昭和記念公園で紅葉と落ち葉をたくさん見ていて思い浮かびました。
(何故今頃UPする?^^)
落ち葉って、一般的には哀愁漂うイメージなのでしょうが、
わたしには、風に舞ってくるくる回っている落ち葉が、
むしろ楽しそうに見えて、しょうがなかったのです。
そんなこんなで今回の詩と相成りました。
スポンサーサイト
別窓 | the best | コメント:18 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<木のように | 13番目の満月 | meeting peaple(ミーティング・ピープル)>>

この記事のコメント

あっ!この葉っぱ 琴里さんなのではないでしょうか。 自由になり、風に乗り、羽ばたいている。 そして、これからもっと輝くのですね。 

ところで思い出したことが。 わたし昔、ある同僚に「小鳥みたいね」といわれたことがありました。 どういう意味だったのでしょう。
2007-12-05 Wed 17:18 | URL | genfavbook #8w8Th2ek[ 内容変更]
コメントありがとうございます。

>genfavbookさま
>あっ!この葉っぱ 琴里さんなのではないでしょうか。 自由になり、風に乗り、羽ばたいている。 そして、これからもっと輝くのですね。 

いや、もしかしたら、当たりかもしれませんね。
会社にしがみついていないぶん、今は自由。そうなのかもしれません。
これから落ち着くところを探すのが一仕事ですが♪

ところで…
>わたし昔、ある同僚に「小鳥みたいね」といわれたことがありました。 どういう意味だったのでしょう。

小鳥っておしゃべりで、お茶目で、可愛いイメージがあります。
genfavbookさまは、まさにそういう女性だと思います。
同僚の方も、それが伝えたかったのでしょう(微笑)
2007-12-05 Wed 19:26 | URL | 琴里 #tFLCjtZM[ 内容変更]
落ち葉がくるくる落ちるのを私も楽しいなと思うことがありますあります

でも、寒いとか辛いとか思っているときは、余計に寒く辛く感じる

不思議ですね
受け取る側の心なんですね

2007-12-05 Wed 21:09 | URL | みるく♪ #-[ 内容変更]
コメントありがとうございます。

>みるく♪さま

みるく♪さま、お帰りなさい!
ここには落ち葉しかないのでお芋でも焼きましょう(微笑)
どうぞごゆっくりしていってください♪
今回、落ち葉がすごく軽やかに見えたのは…
つまるところ今までよっぽどストレスあった(今はすっきり♪)だったのかもしれないですね。
でも、2005年にも落ち葉の詩を書いてますが、それは暗くて寂しげです。
やっぱりみるく♪さまの仰るとおり、心の状態でしょうね。
2007-12-05 Wed 21:48 | URL | 琴里 #tFLCjtZM[ 内容変更]
琴里さん、こんばんは
体がふわんと体が浮きそうな詩だなって
思いました。
なんか、人間でいうと執着心みたいな感じがしました。
執着してるうちには、わかんない世界があるのかな?
なんて。。。。
自分自身も変に執着して、中々はなれられないときがあるので
怖がらず、木から舞い、それもを楽しめるような
人になりたいなって思います。
2007-12-05 Wed 21:55 | URL | ヒロヒロ #qT7Via4I[ 内容変更]
コメントありがとうございます。

>ヒロヒロさま

落ち葉って人間の一生にたとえられますよね。
『葉っぱのフレディ』っていう絵本がありますし。

今回は落ち葉だけど意識的に明るめにしたのと、
あと、落ち葉の場合は、木にくっついているときは木の一部であると思っていたのが、木から離れて、自分の正体は葉っぱだったんだ!とわかったときの
喜びがあるのかな、と思ってそれを詩にしました。

>なんか、人間でいうと執着心みたいな感じがしました。
執着してるうちには、わかんない世界があるのかな?
なんて。。。。

人間の場合も…所属している『肩書き』が優秀であるほど、そうなんじゃないかな、と思います。
でも、(自分の場合はいやでも離れざるをえなくなったですが)離れてしまったら、また違う世界があります。
執着すること自体に意味がないとは決して思えませんし、その頑張りがすごいエネルギーになることもありますが、
こういう世界もあるさ♪みたいなことを、書きたかったのです。

>自分自身も変に執着して、中々はなれられないときがあるので
怖がらず、木から舞い、それもを楽しめるような
人になりたいなって思います。

ヒロヒロさまなら、きっとなれます。
大丈夫ですよ^^

2007-12-05 Wed 22:15 | URL | 琴里 #tFLCjtZM[ 内容変更]
一枚の葉っぱは、お隣の葉っぱと仲良く揺れながら楽しい時間を過ごしていますよ。
青空をバックに見上げた木々の重なり合う姿は、会話を楽しんでいるように見えます。

たまにお越しいただいているみたいだったので、お邪魔させて頂きました。
2007-12-05 Wed 22:28 | URL | 過去バン #-[ 内容変更]
思わず踊り出したくなるような詩ですね。
葉っぱのステップが、聞こえてきそうです。
2007-12-05 Wed 22:34 | URL | ぴ- #-[ 内容変更]
現世(木)から去り、意識集合体(地面)へゆく事かと感じました。

そして、昨日の「meeting peaple(ミーティング・ピープル)」

>人は何故
>食べなければ生きられないのだろう

への私なりの答えも思いつきました。

それは、生命の循環に入る為
だから土に還れぬ生命は哀しい
2007-12-06 Thu 01:20 | URL | Lio Valente #YZ0P4Y7k[ 内容変更]
こういう詩すきですねぇ^^

なにげない自然って完璧ですからねぇ。

応援くりっく!ぽちっ
2007-12-06 Thu 07:18 | URL | 福岡笑顔整体+健康の知恵袋:院長 #-[ 内容変更]
自由と 自分らしさを 感じた瞬間ですね♪
なんか ステキです。
ぽちっ!
2007-12-06 Thu 13:15 | URL | 優 #-[ 内容変更]
コメントありがとうございます。

>過去のバンドマンさま
はじめまして、琴里と申します。
よろしくお願いいたします。
ちゃんとコメント残せずにすみません。。。

>一枚の葉っぱは、お隣の葉っぱと仲良く揺れながら楽しい時間を過ごしていますよ。
青空をバックに見上げた木々の重なり合う姿は、会話を楽しんでいるように見えます。

そうですね。
こういう考え方って素敵です。
風が吹いてきて木がざわざわいっているとき、風は葉っぱを潜り抜ける遊びをしていて、葉っぱ同士も涼しくなって喜んでいるのかな、とも思えます。
木と一緒にいる時代は、それなりに、葉っぱも楽しんでいるのでしょうね。
2007-12-06 Thu 13:26 | URL | 琴里 #tFLCjtZM[ 内容変更]
コメントありがとうございます。

>ぴーさま
ありがとうございます。
軽やかな雰囲気が伝わって嬉しいです。
どうしても落ち葉の詩だと悲しい感じがしてしまうので自分として明るくしたかったのと、
あと、昭和記念公園の落ち葉が楽しそうに舞っているように見えたので、
この詩になりました。
葉っぱと一緒に踊りだしたい気分、持っていたいです。
2007-12-06 Thu 13:28 | URL | 琴里 #tFLCjtZM[ 内容変更]
コメントありがとうございます。

>Lioさま
素敵コメント、ありがとうございます。
>現世(木)から去り、意識集合体(地面)へゆく事かと感じました。

そういう考え方もできますか…
わたしはそこまで考えて書いたわけではなかったので…
恐れ入りました。
ありがとうございます。
そして、
>>人は何故
>食べなければ生きられないのだろう

への私なりの答えも思いつきました。

それは、生命の循環に入る為
だから土に還れぬ生命は哀しい

やっぱり食物連鎖って大事なんですね…
昔は土葬だったのが、なんで火葬に変わったのでしょうね。
場所をとるとか、効率上の問題もあるのでしょうが、
何故…
2007-12-06 Thu 13:32 | URL | 琴里 #tFLCjtZM[ 内容変更]
コメントありがとうございます。

福岡笑顔整体+健康の知恵袋:院長 さま

>そうですね、自然は完璧だと思います。
絶対に、花や葉をつけるタイミングをはずさないですからね。
落ち葉だって落ちるべくして落ちているのでしょう。
時を味方にできてないのって人間だけ……;;;;
なるべく自然体の生き方を心がけたいですが…
難しいですね。
ランクリありがとうございます。
2007-12-06 Thu 13:34 | URL | 琴里 #tFLCjtZM[ 内容変更]
コメントありがとうございます。

>優さま
自分らしさと自由を感じたと仰っていただいて、ありがとうございます。
葉っぱが自由で、誇りに溢れている感じをだせて、よかったと思います。
(でもその葉っぱちゃんはこれから大変でしょうが。。。)
この詩を書いていてつくづく思いましたが、
自分も自由な心、そして自分が自分である誇りを持ちたいです。
ランクリありがとうございます♪
2007-12-06 Thu 13:36 | URL | 琴里 #tFLCjtZM[ 内容変更]
そういわれれば 風にくるくる舞っている落ち葉って
楽しそうに 見えますね
立派に お役目を果たして 自由の身になって
最後のダンスを 楽しんでいるのでしょうか
2007-12-07 Fri 14:19 | URL | たびたま #MVJDkies[ 内容変更]
コメントありがとうございます。

>たびたまさま

そうですね。落ち葉って踊っているように見えますよね。
土に還るための最後のダンスなのか…
それとも、『新しい生命』に変わるための儀式なのか…
どちらにしても、風に舞っている落ち葉は、すごく楽しそうに見えます。
2007-12-07 Fri 16:10 | URL | 琴里 #tFLCjtZM[ 内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 13番目の満月 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。