13番目の満月

月を越えたいと願うなら誰より険しい山へ挑め。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

大切な人

わたしは最初
あなたのこと嫌いだった

でも、わたしの大切な人にとって、
あなたは大切な人だった

そしてあなたにもまた別に
大切な人がいるのね

そうやって人はつながってるのね

だからわたし
あなたを嫌うのやめるわ

わたしでその環を切りたくないから
この詩はある方へ捧げています。

わたし自身も、昔(10代後半~20代前半まで)
は、決してほめられた生き方をしておりませんでした。
食わず嫌い的考え方で人と付き合っていたし、
嫌いな人はばっさりこちらからさようなら、も、多かったと思います。

ですから、
『自分にも大切な人がいて、大切な人にもそのまた大切な人がいて…
だからどこかですれ違う人も、支えあっているのかもしれない』とか、

『たとえ自分が嫌いと思う人でも、その人にも家族や大切な人がいるんだ、そして、
そこから、自分もつながっているかもしれないんだ』

そういう風に考えられるようになったのは本当にここ1~2年です…

かくいう自分にも嫌いな人はいました。

でも、よくよく考えると、
嫌いな人の短所=自分の短所(自分と似ているところ)でもあり、
嫌いな人の長所=自分にない点・自分に欠けているところ

そうなんだと、思います。
そう考えると、嫌いと思われる人ほど、知りたいと思うところとか、
学ぶべきところはたくさんあるかな…と思います。

もし、『とにかく、理由もなく、どうしようもなくこの人嫌いなんだけど!』
というあなたへ。

あなたが嫌いということは、同様のことも他の人が思っているでしょう。
でも、嫌いって意識するっていうことは、逆に、それだけ、ある意味、その人に
対して、『愛情』(裏の意味の)があるのかな、と思います。
その裏を表にできたら、すばらしいし、
表にできなくても、ほんの少し、離れた地点で、見られれば…
世界も変わるのではないかな、と思います。
(結構偉そうに書いてます、すみません。。。。)
スポンサーサイト
別窓 | the best | コメント:20 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<ロープ | 13番目の満月 | 木のように>>

この記事のコメント

う~ん 悟ってらっしゃる。 すごい~ しかも詩にしちゃったんですね。 琴里さんのひらめきと 知性に 拍手を送ります~

ぱちぱち・・・v-238 ハートもねっ

ところで小4のとき、「鳥」という詩を作ったことを思い出しました。 これも不思議な縁かな?
2007-12-07 Fri 19:22 | URL | genfavbook #8w8Th2ek[ 内容変更]
コメントありがとうございます。

>genfavbookさま

いえいえ、悟っているだなんて(照)
この詩は、5分くらいでできました。
きっと『守護天使』がメッセージを送ってくださったのでしょう
(それくらい何も考えずにするする書けました)
ハート、ありがとうございます。大切に致します♪
ところで、
>小4のとき、「鳥」という詩を作ったことを思い出しました。 これも不思議な縁かな?

genfavbookさまの『鳥』の詩、ぜひ拝読してみたいです。
わたしたちは、やっぱり、不思議な縁があったのでしょうね。
2007-12-07 Fri 20:31 | URL | 琴里 #tFLCjtZM[ 内容変更]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007-12-07 Fri 21:42 | | #[ 内容変更]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007-12-07 Fri 21:48 | | #[ 内容変更]
コメントありがとうございます。

鍵さま①
稚拙だなんて、とんでもないです。
むしろ、心が…すごく伝わってきました。
自分でもこういう詩は書けないと思います。
本当に…その先生、もったいないことをしましたね。
わたしだったら花丸+ハグがついてきたかもしれません(微笑)
もしこのままあなたが将来すごく詩の才能開花したら、
彼は一生悔やむでしょうが(爆)
ともあれ、素敵な秘密をありがとうございます。
この心、わたしの胸の中にも、大切にとっておきますね。
2007-12-07 Fri 22:51 | URL | 琴里 #Z9UH7PXI[ 内容変更]
人間関係って、何かと難しいですよね。私も苦手な人はいるけれど、でも、確かに、その人にも家族がいて、その人を愛している人がいるんですよね。
自分のその人への思いが正しいものかどうかよく考えてみる必要もあると思い、なるべく白い心になれるよう、努力したいと思っています(これがなかなか難しい・・・)
以前、マルからマルを見る、という記事を書いた事があるのですが、自分のダイヤモンドの部分から、相手のダイヤモンドの部分を見るような訓練をしていくと、少しずつ、絶対イヤ、から少しイヤに、でもなかなかいいところもある、きっといい人なのだ・・・と、気持ちも変化していきました。
その方の神様からもらった、一番いい所を尊重できるようになりたいと、私も修行中です!何よりも、その人も神様に愛されているのですものね!

Megi
2007-12-07 Fri 22:55 | URL | Megi #-[ 内容変更]
コメントありがとうございます。

>鍵さま②

そうなんですか…
そんなすてきな望みがあったのですか。
なら、なおさら、よかったじゃないですか。
その希望は、まだ始まっていない。
その前に、大切なことに、気づけたのだから。
前に詩でも書きましたが、人は、気づいたとき、なりたい自分に、一歩近づきます。このことを忘れないでください。
ちなみに、『愛』の反対は『無関心』だとわたしは思っていますので、
だから、内心、あなたがあの人を嫌いというとき、別の面で、少しはほっとしていたんです。嫌いは無関心より、はるかに愛に近いから。
自分も想像力そんなないです。
自分だってKYですよ。
だから、人と話すときは、一呼吸、おくようにしてますが。
でも、もし自分が想像力が仮にないとして、それで想像力を持ちたいと願うなら、先にも書きましたがその瞬間、前に進んでいるんです。
具体的には…想像力をつけるため、わたしは家事を頑張ってますよ。
たとえば『あれ』って言われて『ああ、これね』ってすぐ対応できるように。
なかなか難しいですけれど(笑)
でも、家事(を気合入れてやること→ここが大事)って、
想像力をつけるには一番いいらしいですよ。
だまされたと思って試してみてください♪
2007-12-07 Fri 23:00 | URL | 琴里 #tFLCjtZM[ 内容変更]
この世は6人を介すとすべての人とつながれるそうです。

なんだかんだですべてつながってるものですしね^^

応援くりっく!ぽちっ
2007-12-07 Fri 23:53 | URL | 福岡笑顔整体+健康の知恵袋:院長 #-[ 内容変更]
素晴らしい詩です
「わたしでその環を切りたくないから」
という1行に グッときます
だれにでも 大切なひとは いますものね
だれだって 自分の愛する家族のことを
他人からあしざまに言われたら
悲しいし 腹が立ちますものね
そのことを忘れずにいれば ひととひととの関わりは
もっともっと あたたかいものになると思います
2007-12-08 Sat 09:37 | URL | たびたま #MVJDkies[ 内容変更]
コメントありがとうございます。

>Megiさま

>自分のその人への思いが正しいものかどうかよく考えてみる必要もあると思い、なるべく白い心になれるよう、努力したいと思っています(これがなかなか難しい・・・)

そうですね…
かくいう自分もそんな人間できていないですし…
嫌いになるのは理由があるのだろうけれど、何で嫌いになるか、までは考えたことがなく…
でも、そこから、その人を本当に嫌いなのか、そしてそれでいいのか、ということも、考えなければと思ってます。


>自分のダイヤモンドの部分から、相手のダイヤモンドの部分を見るような訓練をしていくと、少しずつ、絶対イヤ、から少しイヤに、でもなかなかいいところもある、きっといい人なのだ・・・と、気持ちも変化していきました。

すばらしい方法ですね!
わたしもぜひ、実践してみたいです。
素敵なこと教えてくださりまして、ありがとうございます。

>その方の神様からもらった、一番いい所を尊重できるようになりたいと、私も修行中です!何よりも、その人も神様に愛されているのですものね!

ここは、忘れちゃいけないですね。
またまた、素敵な言葉ありがとうございます。
Megiさまのコメントでわたしこそたくさんのことを教わりました。
ありがとうございます。



2007-12-08 Sat 10:03 | URL | 琴里 #tFLCjtZM[ 内容変更]
コメントありがとうございます。

>福岡笑顔整体+健康の知恵袋:院長さま

>この世は6人を介すとすべての人とつながれるそうです。

本当ですか!
東洋の知恵のような…すばらしいことを教えてくださって、ありがとうございます。
それと同時に、自分も誰かとつながっている心、忘れたくないです。
いつも応援クリックありがとうございます。
笑顔整体さまの記事の楽しみにしております!!
2007-12-08 Sat 10:05 | URL | 琴里 #tFLCjtZM[ 内容変更]
コメントありがとうございます。

>たびたまさま

>だれにでも 大切なひとは いますものね
こう思えたとき、自分の価値観すべてが、変わりました。
どんな自分が嫌い、憎いと思っている人にも、
生活があり、大切な人がいる。
自分が関わりたくなくても、大切な人とのつながりで、その人とつながっているかもしれない。
そう思えたら、安易に、人を嫌いと、言えなくなりました。
自分もKY&想像力ない人間だったからこのことを分かるのに時間がかかりましたが、
でも、『だれにでも大切な人がいる』って想像力の原点だと思います。
むしろ、親子間・家族のこととかだと、案外、分かっているようで、想像力が働かなくなるのかもしれませんし。
いまのわたしとしては、たとえ自分の知らない人であっても、
その人が『大切な人』を無くす悲しみを、少しでも減らす世の中にするために、
そのために頑張っていたいなと思ってます。
2007-12-08 Sat 10:10 | URL | 琴里 #tFLCjtZM[ 内容変更]
琴里ちゃん、こんにちは。

昨夜から、何度かこの詩のところを行ったり来たりしているのですが、
私は、まだ、自分のこだわりや、とらわれから解き放たれていませんね。

頭ではとてもよく分かるのですが、
「血管が詰まって」、心の部分で感情が渦巻いている感じ^^;です。

でも、いつか、どんな人との関わりにおいても、
こんな気持ちですっと行動できる私になりたいです。
2007-12-08 Sat 10:30 | URL | しろつめぐさ #-[ 内容変更]
コメントありがとうございます。

>しろつめぐささま

>頭ではとてもよく分かるのですが、
「血管が詰まって」、心の部分で感情が渦巻いている感じ^^;です。

つまりそこまで嫌な思いをさせられたか、
それとも、理由もわからないけれどとても嫌いなかただったのか・・・

わたしは比較的『割り切り』が早いほうなので、この詩を書けたのかも
しれません。

ですが、あくまで自分自身の場合ですが、
『相手にも大事な人がいる』と思えたとき、
すごく楽になったんです。

誰かに対して憎しみを抱くことは瞬間的にスカッとする一方で、
フラッシュバックして心が過去に戻ってドロドロしていることになるんです。

もし、今が幸せであるなら、
折角幸せな時間を壊すのは、もったいないかなって思うのですが・・・

過去は変えられないとよく言いますが、
過去は変えられるとわたしは思います。

もし過去のことから自由になれば、
それまでの風景がまったく違って見えてくると思います。

(生意気すみませんでした)
2007-12-08 Sat 13:04 | URL | 琴里 #tFLCjtZM[ 内容変更]
嫌いという感情が、わかりません。
私には嫌いな人なんて、いないんです。
会話が噛み合わないなーって、思う人はいます。
あとは、考え方に共鳴できないとか、話しているとイライラさせられる人とか。
でも私の中では、それはその人の個性だと思うので、嫌いにはならないです。
だからと言って、好きにはなりませんけどね。
2007-12-08 Sat 18:21 | URL | ぴー #-[ 内容変更]
コメントありがとうございます。

>ぴーさま

>だからと言って、好きにはなりませんけどね。
ぴーさまの仰るとおり、
『好きでない』と、『嫌い』とは全然違います。
英語にすると、
I don't like(好きでない)
I hate(嫌い)
嫌いのほうが憎しみに近いのかもしれません。
でも、こう考えると、
『果たして、本当に、人を嫌いといえる人はどれくらいいるのだろうか』
と思います。
本当は嫌いでなく、『好きじゃない』だけかもしれません。
また、『嫌い』と『好きじゃない』の境目ってどこだろうという気になります。
自分的に言えば、決定的に価値観が違いすぎるとか感性が違いすぎる人だと、関わりたくないと思いますが、『嫌い』とまで言い切れるかは疑問です。
この詩とあとがきはひとつの考え方で、
そこまでしてもやっぱり嫌いな人は嫌いと思ったとき、それでも、こういう考え方もあるんだな、と思っていただければ、それでいいかな、と思ってます。

2007-12-08 Sat 18:34 | URL | 琴里 #tFLCjtZM[ 内容変更]
琴里さん、こんばんは
そうですね。。。
大切な人の大切な人はできれば「愛」したいですね。。
そうすることで自分も幸せになれる気がします。
というか、、、そういう自分なら好きになれそうな気がします。
(決して自分が嫌いだという意味じゃないですよ)

全てを肯定できたなら、
それは空想の人物のような気がするし、
どっか人間みんな欠陥品なんじゃないかな?
私も人の欠陥部分だけにとらわれないように気をつけなきゃ
なって思います。
ちゃんと関わらないと、中々、いい所を探すのも難しいので
ちゃんと接するという事が一番大事なことかもしれないな
って今、なんとなく思いました。
又、勉強させてもらいました♪
2007-12-08 Sat 22:43 | URL | ヒロヒロ #qT7Via4I[ 内容変更]
琴里さん こんにちは
お久しぶりです♪

好きな人もそうでない人も
関心がある点では一緒だと感じました
好きな人って人数が限定されてしまうのですよね
これは物理的な問題でどんなに好きでも
ある一定の時間しか共有できないんですよね

一方で そうでない人に対しては
ひょんな事から思い出したりして・・・
ケッコウ時間割いていますね(笑)

でも人のつながりって 好きかそうでないかならマシな方だと思います
一番嫌なのは 無関心かもしれないですよね
顔を合わせても挨拶とか全くないとか・・・
みんなで仲良く出来たらいいですよね
2007-12-09 Sun 15:31 | URL | 憲 #-[ 内容変更]
コメントありがとうございます。

>ヒロヒロさま

>大切な人の大切な人はできれば「愛」したいですね。。
そうすることで自分も幸せになれる気がします。

そうそう、そうなんですよ♪
自分は結婚しているわけではないので、たとえばもし、婚家の親・兄弟と気が合わないとか、そういう思いをしたわけじゃないのでわかりませんが…
それでも、夫にとって大切な人なのだということを頭において、仲良くやって生きたいという思いはあります。
それでも…なかなか難しいんですよね、きっと…

>全てを肯定できたなら、
それは空想の人物のような気がするし、
どっか人間みんな欠陥品なんじゃないかな?
私も人の欠陥部分だけにとらわれないように気をつけなきゃ
なって思います。

そうですね…
人間は自分の欠点には厳しくて他人の欠点には甘いから、
だから自分がすごく欠陥だらけに見えて嫌で落ち込んだ結果、嫉妬…
ということもあると思います。
自分に厳しいのはいいことかもしれませんが、
欠陥部分にとらわれて大事なものを見落とさないようにしたいです。

>ちゃんと関わらないと、中々、いい所を探すのも難しいので
ちゃんと接するという事が一番大事なことかもしれないな
って今、なんとなく思いました。
又、勉強させてもらいました♪

ヒロヒロさまのすごくすばらしいところは、『ちゃんと関わる』を実践していらっしゃるところだと思います。
わたしなんかは面倒になったら、すぐスルーする癖がありますから…
知らないと、というか、誤解によって人を憎んでいたと言うこともありますからね。
そこは気をつけたいですね。
わたしも本当に勉強になります。
ありがとうございます。
2007-12-09 Sun 19:08 | URL | 琴里 #tFLCjtZM[ 内容変更]
コメントありがとうございます。

>憲さま

まずは、お帰りなさいませ♪
どうぞごゆるりとしてくださいね。

>好きな人もそうでない人も
関心がある点では一緒だと感じました
好きな人って人数が限定されてしまうのですよね
これは物理的な問題でどんなに好きでも
ある一定の時間しか共有できないんですよね

そうですね…
しかも、『好きであるかどうかにもかかわらず』
これだけの多くの人がいるのに、関わる人・そして共有できる時間は、限定されてしまうのですよね。
だからこそ、関われた人は大事にしたいという思いはあります。

>一方で そうでない人に対しては
ひょんな事から思い出したりして・・・
ケッコウ時間割いていますね(笑)

そうでない人にも時間を割けるのは、
憲さまのやさしさゆえと思います。
そして、そうでない人というのも…
表面上『嫌い』かもしれなくても、
心の奥の奥では…案外そうでないのかもしれませんし…

>でも人のつながりって 好きかそうでないかならマシな方だと思います
一番嫌なのは 無関心かもしれないですよね
顔を合わせても挨拶とか全くないとか・・・
みんなで仲良く出来たらいいですよね

これはわたしも同感です。
憎しみは愛と反対に見えるけれど、無関心よりは愛にずっと近いと思います。
みんなで仲良くなればいいなとは、わたしも思います。
2007-12-09 Sun 19:13 | URL | 琴里 #tFLCjtZM[ 内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 13番目の満月 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。