13番目の満月

月を越えたいと願うなら誰より険しい山へ挑め。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

勇者の資格

勇者と呼ばれる資格があるのは
苦しいときを耐えた者だけだ
逆境においても逃げなかった者だけだ
恐怖があろうと立ち向かった者だけだ
罵られようと誇りを失わなかった者だけだ

勇者未満のわたしは
嫌なことがあると逃げてしまう
馬鹿にされたら落ち込む
辛いことがあると目を背ける
そして怖いものには近づこうとすらしない

勇者どころか人としてどうかとすら思う
そしてこんなことを言う資格があるかわからないけど
それでも臆病者でも卑怯者でも愚か者でも
自己嫌悪の塊でもいい
まずは生きろ

最大の勇気は
生きてここにあることだ
そして絶対にあきらめないことだ
彼等がそうであったように
----------------------------------------------------

(※この詩は、浦和レッズおよびサポーターに捧げた詩です)
今日、浦和レッズvsエトワール・サヘルの試合(クラブワールドカップ・3位決定戦)
がありました。
そして結果は…PK戦の末、レッズ、見事勝利!!!
(内容的には不満がありましたが)
それでも、世界3位ですよ!!!!
まさに、記念すべき一日でした。
でも、この日を迎えるまでには、10年余りの長い歳月が必要だったのです。

-------------------------------------------------------------

浦和レッズはJリーグ開幕当初は、ずっと負けていて、いつも最下位で、
『Jリーグのお荷物』と言われていたんですね。
そしてあるときなんかJ2(サッカーのプロリーグには1部と2部とかあります。
J1、J2と分けてます)まで落っこちた。
つまりどん底まで落ちたわけです。
しかし1年でJ1に返り咲き、そこから、少しずつ勝てるようになり、
今の常勝軍団と言われるまでになったんです。
だから今のレッズだったら、まだ納得されるであろうこの状態も、
もし、5年前、10年前だったら、『ありえない』話だったわけです。
それどころか、レッズファンというだけで、他のクラブのファンから、
思いっきり鼻で笑われてもおかしくない状態だったのです。
しかし、
あの世界最高峰と言われるセリエAのチーム、ACミランと、
日本のチームとして最初に戦ったのは浦和レッズでした。
そして、他ならない浦和レッズだからこそ、すごく嬉しかったです。
さらに、今日の3位決定戦。
レッズは、見事3位になりました(当然、アジア初の快挙)
5年前、10年前だったら、誰が予想できたことでしょう。
しかし、彼等は、やり遂げたのです。
どん底に落ちても決してあきらめない、必ず勝つと信じる、
ひたむきに努力を続ける、その積み重ねで。

そして付け足しておくと…
この勝利はレッズの選手たちだけの頑張りだけではありません。
何より、クラブの力、そして、サポーター(応援団)あってのものでした。
彼等は、弱いときから、ずっとレッズを応援してきました。
時には卵とか発炎筒を投げるといった、過激なこともしていますが…
しかし、どんなに弱くても、2部に落ちても、絶対、見捨てなかった。
試合には必ず駆けつけて、アウェー(敵のホームスタジアム)でも、
相手サポーターを圧倒するほどの熱狂的な応援をした。
今日、彼等は、どんなに嬉しかったでしょう。
彼らにも、心からの拍手、感謝の気持ちで一杯です。

とにかく…レッズのことで言える事は…
本人たちのあきらめないという意思があれば、絶対に成し遂げられる。
たとえ周りが敵だらけでも、たった一人でも見捨てない人がいれば、
必ず立ち直ることが出来るし、
運命そのものを変えることが出来る。
意志の力、そして支えがあるということは、すごく大事だと思います。

ともあれ、
レッズ、ありがとう!!!!!
おかげで、かなり元気になりましたよ!!!!!!
わたしも、あらためて、明日から頑張ろうと思いました。



スポンサーサイト
別窓 | | コメント:18 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<小鳥の誓い | 13番目の満月 | わたしの仕事>>

この記事のコメント

浦和レッズってそんなにすごいんですね!そして、サッカーに詳しい琴里さんもちょっと意外でしたが、何だか親近感が湧いちゃいました~!だって、私も結構サッカーも観るし、何より、F1命だから(笑)!

この詩も、またまたありがとうです~!
確かに逆境や困難から立ち直った人たちは勇者です。それは間違いなく素晴らしい。
でも、どんな時でも一生懸命生きている、そんな姿に学ぶものはたくさんある。そんな姿に感動する。それだって、立派な勇者ですよね!
諦めてはいけませんね!今日から明日へ1歩1歩、歩を進めて前進していきたいです!私も。

やっぱり琴里さんは、とっても強い人だなぁとまた思ってしまいました!

Megi
2007-12-16 Sun 20:51 | URL | megi #-[ 内容変更]
こんばんは。 力強い詩ですね。 琴里さんとサッカー、一見 アンバランスな感じだけど、琴里さんの人生に欠かせないものなのでしょうね。 思わずこの曲が浮かびました ♪ We will We will Rock you♪ 私 Queen好きなんです、しかも リアルタイムで知ってます。 ははは これは余談。

とにかく、いろんな方向から姿を現し、表現してくれる琴里さん。 今度はどんな姿を見せてくれるのでしょうか。 楽しみです。 
2007-12-16 Sun 20:58 | URL | シャイドリーマー #8w8Th2ek[ 内容変更]
レッズのサポーターが友達にいますが、琴里さんがおっしゃるようにとても熱いです。
弱い者を見捨てずに、叱咤激励して、彼らを勇者に仕立て上げたサポーターにも 拍手を送ります。
2007-12-16 Sun 21:29 | URL | ぴ- #-[ 内容変更]
コメントありがとうございます。

>Megiさま

>浦和レッズってそんなにすごいんですね!そして、サッカーに詳しい琴里さんもちょっと意外でしたが、何だか親近感が湧いちゃいました~!だって、私も結構サッカーも観るし、何より、F1命だから(笑)!

MegiさまはF1がお好きなのですか…
イメージと少し違ってびっくりですが、逆に親近感です。
わたしはだいたいのスポーツを見るのが好きなので、それなりには知ってます。
サッカーに対しては開幕当初からチェックしてましたし、『セリエAダイジェスト』とか見ていましたし…

>でも、どんな時でも一生懸命生きている、そんな姿に学ぶものはたくさんある。そんな姿に感動する。それだって、立派な勇者ですよね!
諦めてはいけませんね!今日から明日へ1歩1歩、歩を進めて前進していきたいです!私も。

そうですね。
この詩で例えるなら、J2どん底時代のレッズも勇者だったのですよね。
そして支えるサポーターも。
結果が出ていないときに、モチベーションを保ち続けるって、本当にむずかしいと思いますし、支え続けることも大変だと思います。
でも、どんなに酷評されながらも頑張った。
彼等はまさしく勇者だと思います。

>やっぱり琴里さんは、とっても強い人だなぁとまた思ってしまいました!
ありがとうございます…
でも、わたし、そんな強くないですよ。
結構凹みますしすぐ泣きますし。。。。
でも、泣いてでも、前に進んでいきたい、そして、正しいと思う道を進みたい、って思っています。
お互い、頑張りましょう!

2007-12-16 Sun 22:16 | URL | 琴里 #tFLCjtZM[ 内容変更]
コメントありがとうございます。

>シャイドリーマーさま

 >思わずこの曲が浮かびました ♪ We will We will Rock you♪ 私 Queen好きなんです、しかも リアルタイムで知ってます。 

そうでいらっしゃいましたか…
Queenは最高のヴォーカリストのひとりだと思いますよ。ボヘミアン・ラプソディとか、キラークイーンとか、いい曲たくさんありますよね…
そうです。わたしは、ロックも結構好きなんです。ちなみに、Radioheadの大ファンなんです。
ここに書いてあることでわかるかもしれませんが、…
わたしは、趣味、男の子っぽいんですよ。着ている服とかもそうですし…
このブログを可愛いイメージにしてしまったから…みんなをだましているかな、なんてちょっと思ったわたしでした。
でもシャイドリーマーさまがqueen好きだなんて…
お話が合いそうですね!
シャイドリーマーさまの素顔も、ますます、楽しみです。
2007-12-16 Sun 23:10 | URL | 琴里 #tFLCjtZM[ 内容変更]
コメントありがとうございます。

>ぴーさま

>レッズのサポーターが友達にいますが、琴里さんがおっしゃるようにとても熱いです。

お友達がレッズサポーターでいらっしゃるんですか!
それはそれは…
でも、彼等は本当に熱いです。
一度、連れて行ってもらってさいたまのスタジアムまで行きましたが…
本当、熱いです。。。
電車の中では(当たり前ですが)最初から最後までレッズの話ばかり!!
当然、レッズユニフォームのレプリカ着用。(わたしも、、、^^)
でも、まわりにそういう人が多い所為か、目立ちまくるということはなかったです。

>弱い者を見捨てずに、叱咤激励して、彼らを勇者に仕立て上げたサポーターにも 拍手を送ります。

レッズサポーターは、わたしたちの誇りだと思ってます。
そして、世界一のサポーターだと思ってます。
今日のような日が来て、本当に嬉しい!!
彼等にも、ありがとうの気持ちでいっぱいです!!


2007-12-16 Sun 23:14 | URL | 琴里 #tFLCjtZM[ 内容変更]
うちで紹介してた手作りセットですが
http://tsurumaru-sky.com/
こちらで注文できますよ^^

素材もいいものなので、
ぜひ利用してもらいたいですね^^
計る面倒さがなくてつくれますしね。

応援くりっく!ぽちっ
2007-12-17 Mon 00:22 | URL | 福岡笑顔整体 健康の知恵袋:院長 #-[ 内容変更]
琴里さんこんばんは。学童に、サッカー大好きの先生2人がいるんですけど、、、彼女達が読んだらすごーく喜びそうな内容だなって思いました。

日本のチームが初めてこの大会?に出るって聞いただけでスゴイって思ったけど、、レッズにはそんな裏話もあったんですね。
レッズ、およびサポーターにとっては今日は本当に記念すべき日ですね。
おめでとうゴザイマス。

そして

>勇者と呼ばれる資格があるのは
苦しいときを耐えた者だけだ
逆境においても逃げなかった者だけだ
恐怖があろうと立ち向かった者だけだ

この部分は、昨日会った友達Rちゃんに言ってあげたいと思いました。
彼女は、、、ひどい場合は「死」にもつながる病から生還し、、、
それだけでも十分なのに、、、さらにもっと悲しいことも体験し、、、。
でも、明るく笑ってる。すごいなあって。
あたしなんて、彼女の足元にも及ばない。

彼女とあたしは今同じ夢を持ってる。
でも、彼女はあたしより、何倍も不利な状態。
でも、あたしがすねるポイントで、彼女はすねない。
勇者だなって思いました。
あたしは勇者未満、、、。でも、それなりに頑張るしかない!と思って頑張ります。琴里さんの詩からは、いつも何かをもらえてる気がします。
2007-12-17 Mon 00:53 | URL | なつ #-[ 内容変更]
「勇者未満」←これ いいですね!
これから どんだけでも
勇者になれる希望が ありますからね~(^ ^)
ムクムク 元気が 沸いてくるぞ!
オーオオオーオオオオオオーー! ←サッカーの応援ね(笑)
2007-12-17 Mon 11:09 | URL | たびたま #MVJDkies[ 内容変更]
勇者であることは ほんと 難しいですよね。
私も すぐに 逃げ出しちゃいたくなります。

>それでも臆病者でも卑怯者でも愚か者でも
 自己嫌悪の塊でもいい
 まずは生きろ
力強くて いいですね~

私も 生きてる、 
つらい場所で 立ってる自分を 
誉めてあげたいです。

急には 強くなれないから^^
2007-12-17 Mon 12:18 | URL | 優 #-[ 内容変更]
勢いのある詩ですねえ。
浦和レッズの過去というものは知りませんでした。
それを知った上でこの詩を読み返すと「なるほど」と思うものがありますね。
また、人はみな「弱さ」を抱えて生きていますから
いろいろな人の背中を押してくれる詩だなあと思いました。

辛さも惨めさも苦しさも
人間が成長するためのひとつの「試練」なのだと思います。
弱さと向き合った者こそ「真の強さ」を獲得するのだと
私も思っています。
2007-12-17 Mon 14:39 | URL | ママレモン #-[ 内容変更]
琴里さん、こんばんは
私も勇者未満です。早く勇者になりたい!!!←なんか「人間になりたい」(by 妖怪人間ベロみたいですね、、笑)
今まで根性で生きてきたって感じですが、やっぱり嫌な事から逃げる傾向は大きいかもっ。。。(泣)
すぐ凹み道を模索します。
けど、30そこそこで人生悟ってるのもどうかと思うので、まだまだ成長過程でことで自分を許してあげようかと思ってます(笑)←自分に甘い

そうですっ!!! まずは生きろっ!!!です。
だれもが「生きたい」って思えるようになればいいな。
だけど、そこを抜け出したからこそ見える景色があると思います。

な~んちゃって。語っちゃいました(笑)
2007-12-17 Mon 18:53 | URL | ヒロヒロ #qT7Via4I[ 内容変更]
コメントありがとうございます&レス遅れましてすみません!!

>なつさま

『レッズが弱かった時代』結構有名ですよ。
当時はチームモ10チームしかなかったり…だから、
もし今のチームが全部ある状態で開幕していたら、
また別の結果になったかもしれませんが…
でも、学童でサッカー好きの方がいらっしゃるというのは、とても嬉しいことです。
さて…
今日の記事、拝読いたしました。
Rちゃんは…彼女は、やはり勇者だと思います。
すねていない、ということもそうですが、
彼女は自分自身の弱点を認めた上で、
彼女は彼女にできる、最善のことをしていますね。
そこがすごいなって、わたしも思いました。
彼女のようにもし同じ立場で毅然として最善を尽くして振舞える方というのは、
なかなかいないと思います。
そういう意味では、多くの人が『勇者未満』でしょう。
しかし、未満であって、以下ではないのです。
努力次第で勇者になれる。
そのことを忘れないで下さい。
2007-12-17 Mon 22:48 | URL | 琴里 #tFLCjtZM[ 内容変更]
コメントありがとうございます。

>福岡笑顔整体 健康の知恵袋:院長さま

レスの順番が間違えました…
申し訳ありません。
お取り寄せサイト教えていただき、ありがとうございます!!
素材もいいなんて感激です。

そして、なによりも…いつも応援ありがとうございます。
2007-12-17 Mon 22:50 | URL | 琴里 #tFLCjtZM[ 内容変更]
コメントありがとうございます。

>たびたまさま

>「勇者未満」←これ いいですね!
これから どんだけでも
勇者になれる希望が ありますからね~(^ ^)

わかってくださいますか~(微笑)
わたし的にこの表現、気に入っているのですよ。
ちなみに、サッカーの応援ですが、
いろんなバリエーションがありますよ。
浦和レッズとかでも10~20種類あるのではないかと思います。
(歌詞つきで、『俺たちのゴール』みたいなものあったですし)
本当に、レッズを見習って頑張りたいです。
でも、彼等は10年以上、かかっているんですよね。
自分は個人であることを考えると…もう少し、楽なはず。
そう思って、自分を奮い立たせて、頑張ろうと思っています。
2007-12-17 Mon 22:56 | URL | 琴里 #tFLCjtZM[ 内容変更]
コメントありがとうございます。

>優さま

>勇者であることは ほんと 難しいですよね。
私も すぐに 逃げ出しちゃいたくなります。

このわたしが、一番そうだと思います。
いままでの人生、不戦敗(はじめからあきらめる)がどれだけ多いか。。。
でも、生きている限り、やり直すチャンスは、あると思います。
そこでいつ、勇気を出すのかが大事ではありますが…
引き伸ばせばそれだけ辛くなるから…
やり直す機会がったときは、挑戦したいです。
そして、どんな結果でも、挑戦したことについて、自分をほめてあげたいです。

>急には 強くなれないから^^

そうですね。その部分を思って自分で悔しくもなりますが…
逆に言うと、敵も急には強いのは出てこないと言うことで…
あせらず強くなれるよう、頑張りましょう☆

2007-12-17 Mon 23:00 | URL | 琴里 #tFLCjtZM[ 内容変更]
コメントありがとうございます。

>ママレモンさま

『浦和レッズの過去』結構有名ですよ。
というか、実際に、レッズファンであるというだけで、馬鹿にされました。
でも、今となっては、本当に最高の笑い話です。
それだけ強くなってくれたレッズに、そしてサポーターの皆様にも、本当に、感謝しています。

>また、人はみな「弱さ」を抱えて生きていますから
いろいろな人の背中を押してくれる詩だなあと思いました。

>辛さも惨めさも苦しさも
人間が成長するためのひとつの「試練」なのだと思います。
弱さと向き合った者こそ「真の強さ」を獲得するのだと
私も思っています。

この詩で言っていることとして、
逆に言えば、『困難を知らないものは(たとえ結果がよくても)勇者じゃない』
ということがあります。
そういう意味では本物のどん底を知らない自分はまだまだかなと思います。
辛さとか惨めさとか苦しさ…
それが自分を嫌な人間にするだけでなく、人を憎むこともある。
でも、本当に人の痛みを知り、強くなるためには、やっぱり必要なんですよね。
あらためてこのコメントで大事なことを思い出させていただきました。
ありがとうございます。

2007-12-17 Mon 23:05 | URL | 琴里 #tFLCjtZM[ 内容変更]
コメントありがとうございます。

>ヒロヒロさま

>私も勇者未満です。早く勇者になりたい!!!←なんか「人間になりたい」(by 妖怪人間ベロみたいですね、、笑)
今まで根性で生きてきたって感じですが、やっぱり嫌な事から逃げる傾向は大きいかもっ。。。(泣)

そうですか???わたしから見れば、ヒロヒロさまは立派な勇者ですよ。
その生き方のひたむきさやまっすぐな思い、他の人に向ける優しさは、お手本にしたいほどです。

>すぐ凹み道を模索します。
けど、30そこそこで人生悟ってるのもどうかと思うので、まだまだ成長過程でことで自分を許してあげようかと思ってます(笑)←自分に甘い

いえ、これは自分に甘いのではなく、自分にできることとできないことを知って、正しく対処している『大人』なんだなと思います。
自分は未だにこれができませんから…
だからわたしなんか、あっちこっち崩壊してます。(苦)

>そうですっ!!! まずは生きろっ!!!です。
だれもが「生きたい」って思えるようになればいいな。
だけど、そこを抜け出したからこそ見える景色があると思います。

そうですよね…
いまの若い10代の子たちが『死にたい』とかブログで書いているの見ると、悲しくなります…
誰もが生きたいって思えれば、本当にいいのにね…って。
ただ、『死にたい』と思うほど悩む瞬間って、一度はあっていいとも思ってます。
ヒロヒロさまが仰るように、それを抜ければ人生観変わりますし、なにより、なんとも思っていなかった時代と比べて、生きることが、数倍、楽しくなるはずですから。


2007-12-17 Mon 23:11 | URL | 琴里 #tFLCjtZM[ 内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 13番目の満月 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。