13番目の満月

月を越えたいと願うなら誰より険しい山へ挑め。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

地上の天使

どちらが正しいという時代は終わったの
この世の誰にも優劣をつける必要なんてないの
あなたたちはみんな地上の天使
だれもが幸せになるために生まれてきたのよ

神の国は空の上にはないの
あなたたちの力で、この世界を天国にしていくの
あなたたちはみんな地上の天使
あなたたちの想いが、この世界を創るのよ

誰もが等しく幸せになる方法はなくても
誰もが幸せを感じる世界を作ることはできる
そしてそのための光はここにある

どんな不条理も矛盾もそして痛みさえも
ひとりひとりが背負うことが世界を救っているの
あなたたちはみんな地上の天使
あなたたちの苦しみは決して無駄ではなかったのよ
この詩は数日前に『人=地上の天使』という言葉が思い浮かび…
それで書かなきゃ…と思い続けてきてやっとUPしたものです。
人はみんな地上の天使であり、存在そのものが奇跡的である。
という考えが、この詩のもとになっています。

それにしても最近すごいことに?なってますね。
琴里=小鳥の囀りのような可愛い詩というコンセプトだったはずなのに、合わなくなっているような…ブログタイトル変えるべきか?

ともあれ、この詩の背景には、独特な?思想があります。

(以下、わたしの宗教論めいたものになりますので、
多少、長尺になりますので、もし読みたくない場合はスルーしてください)

自分はたびたび言って来たことで、
『幼稚園・高校・大学(計9年間)キリスト教教育を受けてきた』
ということがあります。
とはいえ、(いきなり結論ですが)
わたしはクリスチャンではありません。
今日の詩の内容はむしろ真逆なんじゃないかと思っております。

幼い頃(とくに小中学生時代)辛い日々を過ごした自分にとって、
キリスト教の教えは最初は自分を救いうるものでした。
何かがあれば、『お祈りしよう』と思えたからです。
そして、それで実際、耐えられた部分もありました。
しかし、20歳を過ぎる頃には、だんだん、足かせのようなものになっていきました。

というのは。
クリスチャンではないですが、(当時は)毎日、お祈りしてました。
祈りの内容は、主の祈り簡略化+『今日一日を無事に過ごさせていただき、
ありがとうございました』というものでした。
しかし、
当時(自分自身の内面が)荒れていて、人生をやめたい、と一方では思っているのに、
『無事に過ごさせていただき…』とお祈りするのが、すごく偽善的な気がしたこと。
それに、何より、
実際の世界は、宗教を理由に、戦争が行われていること。
人をわけるものはいらない。
それが神だというなら、それが宗教だというなら、いらない。
等しく慈悲を与えられないのなら、等しく滅ぼせばいい。

…そう思ったから、お祈りするのをやめました。
(ちなみにそういう思想が現れた暗い詩としてスパイラルそして黒い太陽があります。
つまり、ちょっと前まで、暗い思いをひきずっていたということです)

ただ、自分の中でたとえキリスト教を否定したとしても、"神"そのものあるいは"祈り”までは
否定できませんでした。
そしてこのブログでのいろいろな出会いがあって多少変わってきた部分もあり…
そうして今日のような思想に至ります。
その思いも、時によって、変わることはありますが…
わたしは、神というのは、そんなに遠い存在ではなく、見えないだけで、そばにいるものだというように思っています。
あるいは、もしかしたら、すれ違う人ひとりひとりが、神の使者なのかもと思うときもあります。
本来の『神の教え』からしたら、あるまじき思想かもしれませんが…
それでも、どんな形であれ、
人を大切に出来るなら。人の痛みが分かるなら。
そして、どんな理不尽なことも、意味があると思えるなら。
それでいいのだと思ってます。

追伸:
今日、一日遅れて、大きなプレゼントがわたしのもとに来ました。
電話1本だったですが…
これで、気持ちを切り替えて、新年に向かえそうです。
そして、それまで支えてくださった皆様に、…
あらためて感謝いたします。
 
スポンサーサイト
別窓 | the best | コメント:25 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<歩く | 13番目の満月 | クリスマスの詩>>

この記事のコメント

こんにちは。 書かなければという強い思いにとらわれた時は、それが神からの啓示であり、使命なのかも知れませんね。 どういう形に変わってきたとしても、そこには琴里さんらしさがあふれていて、魅力は変わらないと思います。 書き続けましょう。 ・・・ところで追伸の部分、一本の電話ということは、お仕事のことでしょうか?(違ったらごめんなさい) いずれにせよ、いいお話のようですね。 確実に未来は開けてますね。 おめでとうございます。
2007-12-26 Wed 16:40 | URL | シャイドリーマー #8w8Th2ek[ 内容変更]
いつも素敵な詩をありがとうございます。

  どんな不条理も矛盾もそして痛みさえも
  ひとりひとりが背負うことが世界を救っているの
  あなたたちはみんな地上の天使
  あなたたちの苦しみは決して無駄ではなかったのよ

なみだが溢れそうになりました。
苦しみは決して無駄ではなかったと
私も信じていますし、信じたいですね。
そして 誰もが抱える苦しみを
みな それぞれに乗り越えて 幸せでいてほしいですね。
みな 無駄ではなかったと、そう思えますように
願っております。

不条理なこと、苦しみ あれど
それでも 幸ありと 思うこころに しあわせは あり。 
ですね。

琴里さん、良い新年をむかえられそう、との事で
良かったですねv-238
とても 嬉しいです^^
2007-12-26 Wed 18:01 | URL | mii #-[ 内容変更]
琴里さん、こんばんは。

今日の詩、「素晴らしい!」の一言ですね!!
特に、私個人としては、

>どんな不条理も矛盾もそして痛みさえも
 ひとりひとりが背負うことが世界を救っているの
 あなたたちはみんな地上の天使
 あなたたちの苦しみは決して無駄ではなかったのよ

というところが好きです。
何か私自身が今まで背負ってきた辛さが、無駄ではなかったのよ、と言ってくれているようで...。

一日遅れのクリスマス・プレゼントも、おめでとうございます!

何か、琴里さん、詩のことはもちろん、いろいろなことでますますパワーアップされて行くようで、頼もしい限りです。

2007-12-26 Wed 18:03 | URL | ちなみ #x5xziaQQ[ 内容変更]
コメント、送信してみて、びっくりしました。
私の前のコメントの mii さんと、すごくかぶっていて、
mii さん、ごめんなさい。
でも、琴里さん、私のいつわらざる感想なので、
受け取ってくださいね。
2007-12-26 Wed 18:07 | URL | ちなみ #x5xziaQQ[ 内容変更]
地上の天使という言葉が、救い主を思い出させます。
救い主が現れた時、その救い主は何も出来ない乳のみ児でした。
それは救い主だったから、この世に光をもたらしたようですが、私は救い主が赤ちゃんだったからではないかと思っています。
赤ちゃんは見ているだけで、和みます。
赤ちゃんはいるだけで、まわりを明るくします。
まさに、地上の天使だと思います。
そうすると私たちは生まれた時から、天使だったのかもしれません。
2007-12-26 Wed 20:24 | URL | ぴー #-[ 内容変更]
誰もがみんな白い羽根を羽ばたかせて
この世に降り立つの

これから起こり得るだろうあらゆることに
小さな胸を弾ませて
そっと温かいお腹に宿る

無駄なものなどひとつもない
耐え難いほどの苦しみも
あまりにひどい痛みも
果てしない悲しみも
全ては何かに繋がっていく

誰もが誰かを幸せにするために
誰かを幸せにすることで
自分が幸せになるために
この世に降り立った天使

誰もが最初は 真っ白な天使
2007-12-26 Wed 21:07 | URL | 十萌 #-[ 内容変更]
プレゼントが届いたんですか^^

ちょっとしたことでしょうが、
それがまた大きなことなんでしょうね。

応援くりっく!ぽちっ
2007-12-26 Wed 21:40 | URL | 福岡笑顔整体 健康の知恵袋:院長 #-[ 内容変更]
琴里さん、、、初めの数行、涙が出るかと思いました。

人が、みんな、地上の天使だというのなら、、、、、
あたしも、天使で、いいのでしょうか?

あたしみたいな人間も、その1人でいて、いいのでしょうか?
人の痛みは、わからない。無神経、、、。
そんな天使でも、いいのでしょうか。

それも含めて人は地上の天使ならば、、
あたしは、琴里さんに、すくわれた気持ちでいっぱいです。

素敵な詩を書いてくださって、ありがとうございます。
2007-12-26 Wed 21:42 | URL | なつ #-[ 内容変更]
琴里さん、こんばんは
みんな幸せを得るために 得ようと思うために
生まれてきたと、思いたいです。
人の辛さや悲しみ・喜びとか感情は計りようもないし、
平等にみんな幸せであることってありえないんですよね。
それを受け入れながらも
ちゃんと自分の幸せとも周りの幸せとも関わっていくのも
私達の仕事かもしれないですね。
う~ん、難しいですね。
あっ、私も昔寝る前にお祈りしてましたよって本当に子供の頃の話なんだけど、「今日もいい一日をありがとうございました。明日もよい一日でありますように」だけだけど(笑) 子供の頃、近所のキリスト教の教会に通ってたんです。その影響かな? うちは明らかに仏教系なのに(浄土真宗か浄土宗)
2007-12-26 Wed 21:54 | URL | ヒロヒロ #qT7Via4I[ 内容変更]
いつもながらに、温かく、包容力のある詩で、感動しっぱなしです。
地上の天使は、この世に生を受けたもの全てなんですよね。
無駄なものなんて、何ひとつない。
そして、優劣も、大小も。
みんな個性があって、幸せの種を持ってるんでしょう。
世界が平和でありますように。
2007-12-26 Wed 21:54 | URL | shin #-[ 内容変更]
コメントありがとうございます。
そして、レスが大変遅くなりまして…申し訳ありません。

>シャイドリーマーさま

>書かなければという強い思いにとらわれた時は、それが神からの啓示であり、使命なのかも知れませんね。

そうですね。でも、シャイドリーマーさまならば、きっと、同じ思いがあるのではないか…と思います。
わたしも、シャイドリーマーさまの詩を拝読して、それを強く感じることがあります。
(今日の詩からも、強く感じました。詳しくは貴ブログにてコメントいたします)
そして、どんな風に変わっても、わたしはわたし、と仰っていただき、ありがとうございます。
これからも、自分を信じて、書き続けていきたいです。
プレゼント=電話の件、大当たりですよ。
でも、詳細はもう少しあとでお話しますね。
祝福してくださって、ありがとうございます。
シャイドリーマーさまにも、幸福がたくさん訪れますように…
2007-12-26 Wed 21:56 | URL | 琴里 #tFLCjtZM[ 内容変更]
コメントありがとうございます。

>miiさま

ご指摘していただいた部分…
>どんな不条理も矛盾もそして痛みさえも
>ひとりひとりが背負うことが世界を救っているの
>あなたたちはみんな地上の天使
>あなたたちの苦しみは決して無駄ではなかったのよ

これは、気持ち悪いことを言うようですが、
書いたのはまぎれもなく自分ですが自分が考えたのではありません。
はじめから、そこに、あったのです。
『人は皆地上の天使』という言葉とラスト4行は…もし神がいるとしたら、
それが人に対して最も強く伝えたかったメッセージなのではないかな、
と、わたしは思います。
そして苦しみを味わいながら乗り越えてこられ、
なおかつ他人の幸せを祈れることができるmiiさまは、まぎれもなく、天使なのだと、わたしは思っています。

>不条理なこと、苦しみ あれど
それでも 幸ありと 思うこころに しあわせは あり。 
ですね。

そうですね…
幸せは、自分の心が決める、と、わたしは思います。
そして、毎日、どんな些細なことでも幸せを見出しているmiiさまは、間違いなく、幸せなんだと、わたしは、思います。

>琴里さん、良い新年をむかえられそう、との事で
良かったですね
とても 嬉しいです^^

ありがとうございます。
詳細はまだ申せませんが…
支えてくださった皆様のおかげと思っております。
本当に、感謝いたします。
2007-12-26 Wed 22:09 | URL | 琴里 #tFLCjtZM[ 内容変更]
コメントありがとうございます。

>ちなみさま
おそらく、かぶったとしても、miiさまが不快に思うことなど、ないと思います。
むしろ、喜んでいらっしゃるかもしれません。
痛みは違えど、分かち合いを、ありがとう…と。

miiさまへのコメントレスでも述べさせていただきましたが、
『人は地上の天使』という言葉と、ラスト4行は、
書いたのは自分自身ですが、自分が書いたというよりは、メッセージで、すでにできていたのが、そこにあったのだと思います。
それをわたしがたまたま見出しただけのことで…
ただ、とくに『地上の天使』という言葉が浮かんだとき、これを形にしなくては、という思い(というか切迫感)が強かったので、もし神がいるとしたら、
急いで伝えて欲しかったのかもしれない、とわたしは思っています。

わたし自身の思想でもありますが、この世に、無駄なものはなにひとつないと思います。
それが自分の悪感情や、病気とか、悪いことでさえも。
そしてそれを一人一人が背負うことで、むしろ、誰かを、そしてみんなを救いうるのではないかという想いは、わたしにも、あります。
なのでここの部分で感じるものがあったことは、とても、嬉しいです。

>一日遅れのクリスマス・プレゼントも、おめでとうございます!
こうしてちなみさまをはじめ、みなさまからお祝いしていただいて…
わたしは、幸せです。
本当にありがとうございました。
2007-12-26 Wed 22:17 | URL | 琴里 #tFLCjtZM[ 内容変更]
コメントありがとうございます。

>ぴーさま

>救い主が現れた時、その救い主は何も出来ない乳のみ児でした。
それは救い主だったから、この世に光をもたらしたようですが、私は救い主が赤ちゃんだったからではないかと思っています。

そうですね…
変な話、神の力を持ってすれば、最初から成人の姿で登場させることもできると思いますし、奇跡を早く行いたいのであれば、そのほうが手っ取り早くて確実。
ですが、それをせずに、救い主を、なにもできない赤ちゃんの姿で来させたのは、何か重要な意味があるように、わたしには思います。

>赤ちゃんは見ているだけで、和みます。
赤ちゃんはいるだけで、まわりを明るくします。
まさに、地上の天使だと思います。

赤ちゃんはなにもできませんが、笑顔を見ているだけで癒されますよね。
でも、それこそが、(summer-blinkでも書きましたが)
人がしている『仕事』のうちの最も大切な仕事なんだと思います。
人に喜びを与える、人を幸せにする。
まさに赤ちゃんの仕事は天使の仕事だと思います。

>そうすると私たちは生まれた時から、天使だったのかもしれません。
そうですね。
(実はここまで考えて書いたわけではないですが…汗)
ぴーさまのコメントを拝読して、まさにそのとおりだと思います。
今回のぴーさまのコメント…母親になった方ならではの、赤ちゃんへの深い愛情が感じられて、温かい気持ちで拝読させていただきました。
ありがとうございました。
2007-12-26 Wed 22:27 | URL | 琴里 #tFLCjtZM[ 内容変更]
コメントありがとうございます。

>十萌さま

たとえその翼が折れてしまっても
飛び方を忘れてしまったとしても
あなたは地上に降り立った天使
そしてまぎれもなく希望をもたらす者

それは無垢な時代を通り過ぎても
そしてそのときがあったことを忘れてしまっても
なんら変わることはない

たとえその身が汚れてしまっても
その汚れこそがあなたを輝かせている
たとえ生きるのすら苦痛であっても
その苦痛こそがあなたを美しくしている

あなたは生きながら誰かを救い
そしてあなた自身も救っているのだ
そうあなたはまぎれもなく天使
たとえ純粋無垢な時代を通り過ぎてしまっても

---------------------------------------------------

素敵な返詩ありがとうございます。
そしてそれに返すべき返詩があまりにも拙くて…
すみません。
わたしは、ぴーさまへのコメントにも書きましたが、
赤ちゃんは確かに尊い仕事をしていると思います。
そして赤ちゃんはまぎれもなく天使だと思います。
でも、同時に、汚れを知り、苦痛を背負っているからこそ、
天使たりうるのだという思いも、強くあります。
かつては自分は夭折願望が強い、
つまり、生きること=罪=それが少ないうちに、きれいなうちに死んでしまいたいということは、ずっと思ってました。
でも、いまは違います。
なぜかわかりませんが、苦しんでいる姿が、それでも歩いていく姿が、
とても尊く、そして、美しいものに、思えてきたのです。
いま自分が醜いと思っていても、いいえ、醜いと自覚しているからこそ、
それがあなたを天使たらしめているのだと。
この詩にはそんな思いも込められています。
2007-12-26 Wed 22:46 | URL | 琴里 #tFLCjtZM[ 内容変更]
コメントありがとうございます。

>福岡笑顔整体 健康の知恵袋:院長さま

喜んでいただき、感謝しています。
プレゼントの中身?については、のちのち説明いたします。
応援クリックもいつもありがとうございます。
これから、そちらへ、伺いますね。
2007-12-26 Wed 22:48 | URL | 琴里 #tFLCjtZM[ 内容変更]
コメントありがとうございます。

>なつさま

>人が、みんな、地上の天使だというのなら、、、、、
あたしも、天使で、いいのでしょうか?

>あたしみたいな人間も、その1人でいて、いいのでしょうか?
人の痛みは、わからない。無神経、、、。
そんな天使でも、いいのでしょうか。

逆に質問させてくださいね。
天使たちを育てるために天使の心を持ち続けて仕事をなさっている、
あなたが天使でなくて誰が天使なのでしょうか?

また、子どもたちが本当に良くなるために真剣にプロ意識を持っていて、
それでなおかつ周りの雰囲気を壊さないようにと頑張っている、
あなたのどこが無神経な人間なのでしょうか?

わたしには、あなたが『人の痛みをわからない』人間だとは、到底思えません。
人の痛みをわからない人間というものは、自分が人に与える影響なんか、何も考えない言動を、平気でやりますし、もちろんあとで罪悪感を覚えることなんか全然ないし、なにより、自分の言ったこと、やったことを、覚えていないものです。
つまり、なつさまとは、正反対の人間です。
それに…あなたは、わたしより、ずっとずっと、苦しんできました。
あなたは誰よりも、人の痛みをわかる人だと、わたしは思ってます。
あなたは間違いなく天使です。
どうか、泣かないで…そして、元気を、出してくださいね。
2007-12-26 Wed 23:01 | URL | 琴里 #tFLCjtZM[ 内容変更]
コメントありがとうございます。

>ヒロヒロさま

>人の辛さや悲しみ・喜びとか感情は計りようもないし、
平等にみんな幸せであることってありえないんですよね。
>それを受け入れながらも
ちゃんと自分の幸せとも周りの幸せとも関わっていくのも
私達の仕事かもしれないですね。

そうなんですよね…
幸せは人によって違うものですから…
『すべての人を等しく幸せに』というのは、すごく難しいと思います。
ですが、ヒロヒロさまが仰るように、それを受け入れた上で、
誰もが幸せを感じることのできる世の中というのは、創れると思いますし、
また、自分だけでなく、周りの幸せと関わっていくのは、
少しでも多くの人、そして世界が幸せになるための、大事な仕事だと、わたしは思います。

だから(うまく説明できないですが)ヒロヒロさまがそう思ってくださっていること自体、すでに、世界が幸せになるための仕事をして下さっている、とわたしは感じていますし、そしてそれをとても嬉しく思っています。

>子供の頃の話なんだけど、「今日もいい一日をありがとうございました。明日もよい一日でありますように」だけだけど(笑) 子供の頃、近所のキリスト教の教会に通ってたんです。その影響かな?

すごく素敵なお祈りだと思いますよ。
わたしは『今日一日を無事に終わったことに感謝する』
これが、祈りの基本であり、そして、最たるものだと思っています。
宗教の根本(本来あるべき姿)って、それかなって。
だからこそ、現状に対して(宗教を理由に戦争)ものすごく絶望する部分もあるのですが…
それでも、誰もが、同じ場所で、それぞれの神に、感謝の祈りを捧げる日がいつかきてほしいと強く願っていますし…
そのための努力はしたいと思っています。

話は変わりますが、親の系譜(宗教)って難しいですよね…
ただ、うちは○○宗?というのは全然、わかりません。なにしろ、両親とも、
『神は信じない』と言い切っている人なので(爆)それならなんで子どもを、
キリスト教系列の学校に入れたのか。ますます、意味不明です(爆×2)
2007-12-26 Wed 23:13 | URL | 琴里 #tFLCjtZM[ 内容変更]
コメントありがとうございます。

>shinさま

この詩で伝えたかったすべてのことを、あますことなく感じていただいて、…
感激の思いで一杯です。

>地上の天使は、この世に生を受けたもの全てなんですよね。
>無駄なものなんて、何ひとつない。

今回の詩はここにすべてを集約していますので…

そして…

>みんな個性があって、幸せの種を持ってるんでしょう。
世界が平和でありますように。

わたしもそう思っています。そして、皆がそう思ってくれること、
願っています。とくにいま絶望している方にも…
なにより、
世界が平和で、皆が地上の天使であることを、実感できる世界であって欲しいです。
そして今後も自分のできることで努力しつづけたいです。

2007-12-26 Wed 23:18 | URL | 琴里 #tFLCjtZM[ 内容変更]
琴里さん ここ数日の詩 とても温かな気持ちで読ませていただきました
この詩 クリスチャンと真逆どころか
イエスが読まれたら きっとすごく喜ばれるのではないかと思います

> 神の国は空の上にはないの
> あなたたちの力で、この世界を天国にしていくの
> あなたたちはみんな地上の天使
> あなたたちの想いが、この世界を創るのよ

「そうだよ それこそぼくがあなたたちに伝えたかったことなんだよ
互いに愛し合いなさい 神の国を地に創りなさい」
と 大きくうなずいていらっしゃるような気がします


鴉王と鷺姫のイラスト 素敵でした
パソコンをつかって描かれているのでしょうか 綺麗ですね~
2007-12-27 Thu 11:30 | URL | たびたま #MVJDkies[ 内容変更]
漠然としたものより、すぐ身近なものの方がが大切なことってありますよね。
何気ない1本の電話の声やメール、交わす言葉、相手の笑顔…
死角にあったものこそ、本当は気付かないといけない事だったのかもしれない、と
読んでいて思いました。

それと、リンクさせて頂きました。
これからもどうぞ宜しくお願いします♪
2007-12-27 Thu 16:37 | URL | м  #-[ 内容変更]
コメントありがとうございます。

>たびたまさま
お久しぶりです、そして、レスが遅れて申し訳ありません…

>琴里さん ここ数日の詩 とても温かな気持ちで読ませていただきました
この詩 クリスチャンと真逆どころか
イエスが読まれたら きっとすごく喜ばれるのではないかと思います

ありがとうございます。
まともな神学、もしくは自分が習ったキリスト教倫理からは、思い切りかけ離れた考え方ではありますが…
それでも、このように思ってくださったこと、とても嬉しく思います。
自分としては…
もし神が見たら、不敬とは言わないまでも、あきれるだろう、とは、
どこかで思っていましたので…
いろいろな方へのコメントにも書きましたが、この詩のほとんどは、書き手は自分ですが『自分で考えた』とは違います。
すでにそこにあるものが、自分の頭に浮かび上がったという感じです。
だから、…今回の詩は、わたしはあまり考えてはいないんです。。。。
それで少しでも本来の神のご意思に叶うものであれば、ありがたいと思っています。
さて…イラスト(と呼べるものかわかりませんが)
見てくださったのですね。
ありがとうございます。
あれは…下絵をサインペンで紙に書いたあと、スキャナーで取り込んで、
photoshopという画像処理ソフトで着彩しました。
パソコンでの色塗りは塗りなおしがきくし重ね塗りもできるので便利です。
(ただ、photoshopは、ソフト自体がすごく高いですが。。)
余談ですが、
本来の鴉王はふてぶてしいキャラで、鷺姫は無邪気な女の子です。
その鴉王が鷺姫にだけは弱いという設定です。
あの絵ではあまりそれを表現できませんでしたが…

2007-12-27 Thu 21:27 | URL | 琴里 #tFLCjtZM[ 内容変更]
コメントありがとうございます。

>Mさま
今回の詩(の表面上)には、Mさまが言及してくださっている『身近なもの』については表面上はかかれてはいませんが、
つきつめて考えるとそういう部分はありますね。
リンク、ありがとうございます。
もしよろしければわたしのほうからもリンクさせてください!
2007-12-27 Thu 21:29 | URL | 琴里 #tFLCjtZM[ 内容変更]
こんばんわ(^o^)/

小鳥も、可愛らしく囀ずってますが、
案外シビアな事言ってるかも。。。(笑)

最初の、
>どちらが正しいという時代は終わった

に深く同意(-_-)
そのままススーっと読みました。
正解は人によって違うんだから。。。

♪~天国じゃなくても
楽園じゃなくても
(中略)
生まれてきたことを
幸せに感じる
あなたに会えた幸せ感じて
風になりたい~
(「風になりたい」歌:THE BOOM)
2007-12-27 Thu 23:05 | URL | フラグメンツ #-[ 内容変更]
コメントありがとうございます。

>フラグメンツさま

わたしはそんな可愛く囀ってないですよ~~
そして実態はもっとシビアですw(なぜそこでwマーク?)
ところで、The BOOMの歌詞、素敵ですね。
この歌を知りませんでしたが、最後まで聞きたい気分になります。
素敵な歌教えてくださってありがとうございます。
2007-12-28 Fri 22:31 | URL | 琴里 #tFLCjtZM[ 内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 13番目の満月 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。