13番目の満月

月を越えたいと願うなら誰より険しい山へ挑め。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

感覚

君の手の温かさは
確かにこの身体に刻み込んだはずなのに
記憶よりも先に、感覚がすり抜けてゆく
君といた空の色も
懐かしいこの大地も

時は何も奪ってはいないが
すべてが僕の手から零れ落ちてゆく
大好きだった故郷の風も
君を思わせる可憐な花も

たしかに覚えているはずなのに
僕の身体には残っていない
今、僕を支配しているのは
灰色の空の下吹き渡る一月の寒風
ランボォの詩で『感覚』というのがあるのですが、
ランボォの詩を書き写した上で、自分だったらどう書くか、書いたものです。
しかし、ランボォと比べると(だから比べるな)
その差は歴然です。
--------------------------------------------------
以下、ランボォ作の『感覚』を記します。
『感覚』

夏の青い夕暮れには、ぼくは細道を行くだろう。
小麦の穂にちくちく刺されながら、雑草を踏みに。
夢想家のぼくは、その爽やかさを足に感じるだろう。
ぼくは無帽の頭を、風に気ままに洗わせるであろう。

ぼくは語ろうとせず、何ごとも思わないだろう。
しかし限りない愛が、ぼくの魂にこみあげてきて、
ぼくは行くだろう、遠く、はるか遠く、ジプシーのように。
自然のなかを、一人の女性と連れ立ったように楽しく。
-------------------------------------------------
なんなんだこの差はって感じです…
が、これに懲りず、頑張ろうかなと思ってます。
(ちなみに、ランボォの詩でも、『感覚』は比較的わかりやすいほうかもしれません。
難解な詩がたくさんあります)

さて。話はがらりと変わりまして。
明日から都内某所で、普通にお仕事しまーす。
一ヶ月半くらい休んでいたので、いきなり普通どおりはどうよ?と思いつつ…
頑張ります。
早起きできるかが一番心配です。
仕事内容的には、販売促進に関わる仕事になると思います。
これもどういう仕事になるかは分からない部分は大いにありますが…
今度こそ長く続けたいです。
(諸事情により、続けられないことが多かったので)
というわけで…
更新時間が遅れます。
完全夜更新になると思います。
なるべく更新できるように頑張りますので、
今後ともよろしくお願いいたします。

スポンサーサイト
別窓 | | コメント:6 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<ルーマの詩(2) | 13番目の満月 | 空が教えてくれたこと>>

この記事のコメント

琴里さん、こんばんは
なんか、切ない詩ですね。。。寂しい感じがします
君が僕にとってもう必要のない人間のようで…
そして、君が僕にもうしてあげれることがないようで
灰色の空が きれいな無限の青にかわればいいな
なんて、又、のんきな事を思ってしまいました。

明日からお仕事なんですね。
更新、無理しないで下さいネ。
次はよい上司に、又、よい同僚に恵まれます様に
くれぐれも体には気をつけて下さい。
2008-01-06 Sun 21:13 | URL | ヒロヒロ #qT7Via4I[ 内容変更]
古い感覚は、記憶だけにとどめておいて、忘れてしまってもいいのではないでしょうか。
そのほうが、新しい感覚を受け入れやすい気がします。
いよいよ、明日からですね。
よいスタートをきれるよう、お祈りいたします。
2008-01-06 Sun 21:52 | URL | ぴー #-[ 内容変更]
 明日から、また新たな生活が始まりますね。 あまり緊張せずに、いつもの琴里さんでいけば、ばっちりうまくいくと信じています。 琴里さんはかわいいし、男性社員さんたちに大モテになるかも・・・ね。

 とにかく就職おめでとうございます! 毎日のブログ更新も楽しみにしていますが、それ以上に健康に気をつけて、無理のない範囲でがんばってくださいね。 私もSweetieも応援してますよ~ 琴ちゃんv-238
2008-01-06 Sun 21:57 | URL | シャイドリーマー #8w8Th2ek[ 内容変更]
身体から するり 君が抜けていく
僕はどうしようと慌てるけれど
成す術も知らず
ただ 君を失っていく

心の中の君はこんなにも
鮮明なのに
記憶の中の君は少しも
色あせはしないのに

君の感覚が だんだん薄れていくんだ
もしかしたら心の中の君も
今 思い出す君の姿も
僕の幻想なんじゃないかと
怖くなるほど



難解な詞には面白みを感じます。
何度も 何度も 読み返し
そのたびに こみ上げる思いや
感じ取れるものは違っていて
言葉が私の中で
こどものように遊びまわるのです。
形を変えながら
とても楽しそうに。

仕事を始めると、大変なことも多くあることと思います。
特に慣れるまでは、苦労されることも絶えないでしょう。
そんな中で綴ることが苦痛になってしまわぬように、
決してご無理はされないでくださいね。
2008-01-06 Sun 22:01 | URL | 十萌 #-[ 内容変更]
君と見た空の青さは忘れたけど
君とすごしたことは覚えている。

これは自分の感覚が、客観的な歴史になってしまうことなのかな。
そんなことを考えましたよ。

だとすると、
だから僕らは過去を捨てていけるのかも知れませんね。

わけわかんないコメントっすね(汗
2008-01-07 Mon 00:08 | URL | ゆうや #386jo9zY[ 内容変更]
ぼちぼち行こうね

琴里さん

ぼちぼち ね(^_-)-☆
2008-01-07 Mon 03:37 | URL | みるく♪ #-[ 内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 13番目の満月 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。