13番目の満月

月を越えたいと願うなら誰より険しい山へ挑め。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

ブラックな詩3連発

投稿できなかった間考えていた詩です。

------------------------------------------

『時間』

お前は決してわたしを追い詰めはしない
しかし世界の何処へ行ってもお前からは逃げられそうにない
お前は音もなく近づいて影のようにそばにいる
君の隣にも、誰の隣にも当然のようにお前はいる
誰もお前を独り占めにできないのと同じに
誰もお前から離れて生きることはできない
わたしたちはお前の示すのと逆方向には進むことはできない
お前がわたしに負けることはない
なぜなら勝負にならないのだから
どちらにしろわたしがお前を受け入れるか
あるいは観念するかしか道は残されていない

-----------------------------------------------

『真実』

宇宙からしたら
わたしたち人間の運命など
砂粒同然で…
つまり一個減ったくらいでは
たいした問題はないんだよ
砂粒の数を数える者などいないだろう?
つまり
宇宙という絶対者の前では
いかに地位があろうと
いかにお金があろうと
いかに有名であろうと
たいした問題じゃない
残酷なほど平等なんだ
つまりいまわたしたちが必死に守ろうとしているものなんて
この程度のものなんだ
人の命が地球一個分であることも真実だが
これもまた真実だ

---------------------------------------------

『大地も発想したかった』

いくつの命が生まれ
そして去っていったかなど
大地は覚えてはいないだろう

その懐に
どれだけのものをかかえているかなど
大地は気にも留めていないだろう

だが
いくら想像しても何も生まれない
いや何も生み出せなくなったそのときに
大地は涙を流すのだ

やがてすべてが雪で覆われた世界に、
雷が空と大地とを貫いた
いま、世にも美しい光景が広がっている
しかし見ているものは誰もいない。
ここ数日の精神状態が如実に現れています。
あまりに暗い内容です。
よって、コメント、苦情その他は一切受け付けません。
あしからず。
スポンサーサイト
別窓 | | ∧top | under∨
| 13番目の満月 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。