13番目の満月

月を越えたいと願うなら誰より険しい山へ挑め。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

カシスの河

河は時間によく似て
その流れは絶えず滞ることはない
今この目に見えるのは現在だけで
そしてその流れを変えることはできない

僕の失恋は必然だった
想いは水のように僕の手をすべてすりぬけてゆく
この想いとともに涙も河にみんな流してしまおう
幾ら涙を零しても河には見えはしないから

今はただあの頃に帰りたいと願う
カシスとブーケの香る河辺で君を想っていたあの頃に

だがこの河が終点にたどり着けば
このカシスとブーケの香りも
君への破れた想いすらも
みんな海に溶けてなくなってしまうのだろうか

ああせめてこの香りだけでも
君のもとに届けられたら
お待たせいたしました。
とりあえず定期復活?です。
ちなみに、今回に限り3連休できますので、
日曜・月曜も更新可能だと思います。

さて、以前予告していた『カシスの河』
原題はもちろんランボォです。
しかし、あまりに難しすぎて…
のた打ち回った末に憤死するかと思いました。。。。
一応、『カシスの河』で調べましたが、ありませんしね…

さて。ランボォの見事な詩がありますので、
あわせて紹介いたします。
---------------------------------------------------

『カシスの河』

カシスの河は人知れず流れる
奇怪な谷間を。
百羽の烏の声が伴奏、天使のようなまことのよい声、
樅の林が激しく揺れて、
風が何度か吹きおろす。

すべては流れる、昔の田野や、訪客群がる
天守閣や、極めつけの庭園など、
ぞっとするような神秘をのせて。
岸辺に立つと聞こえてくるのは、
さすらう騎士の死に絶えた胸の想い。
それにしてもこの風の心地よさ!
眸こらして矢来のあたりを歩いてゆくんだ、
辿る足にも勇気が増そう。
主につかわされた森の兵士よ、親しいすてきな烏の群よ!
さあ来てここから追い払うんだ、
老いぼれてちびた手先で酒を飲む
あのこすっからい百姓を。

---------------------------------------

おそらく実際にこの光景を見た人にとっては相当にさびしく、不気味な光景でしょうね。
でも、それをこんな詩に仕上げたのが素晴らしいです!!!
『ぞっとするような神秘をのせて。』という表現とか、

『岸辺に立つと聞こえてくるのは、
さすらう騎士の死に絶えた胸の想い。』と語っておきながら、
『それにしてもこの風の心地よさ!』とか。

最高!!!!です。
彼の才能寸分でもいいから欲しいです。
ランボォの詩を通して、やっていきたいのは『自分を徹底的に殺す』
そして、少しでも多くのことを吸収したいです。
『自分の書きたい詩』じゃなくて、
『自分がなんのために書いているのか理解できるように』書いていきたいものです。

スポンサーサイト
別窓 | | コメント:24 | ∧top | under∨
<<我が闘争 | 13番目の満月 | ブラックな詩3連発>>

この記事のコメント

琴里さん お忙しそうですね~
お疲れなのに コメントを入れていただいて ありがとうございました
この詩の 最初の一節 方丈記を思い出しました(^ ^)
今という この一瞬は けっして
つなぎとめることも 流れを止めることも できないのですよね・・・
その芳しい香りもまた その岸にいる者にしか 嗅ぐことはできないのですよね
2008-01-12 Sat 15:53 | URL | たびたま #MVJDkies[ 内容変更]
コメントありがとうございます!

>たびたまさま

正直言ってお題もお題なら、詩も詩なので…
こんなコメントしずらい詩にコメントつけてくださってありがとうございます、
と申し上げたいです。
会社のほうはいまいちどういう風になるか流れがつかめないので、
(忙しいと予告されてもそうでない日もあるし、逆もある)
なかなかコメントに伺えませんでした。
すみません。

>この詩の 最初の一節 方丈記を思い出しました(^ ^)

自分的には絶対方丈記の真似だ、嫌だな~と思ったのですが、
ほかに当てはまる言葉がない…
そのへんが未熟なんですよね…
ちなみに詩での失恋話は捏造です。

時間に関する辛さは、『ブラックな詩3連発』の最初の詩に思い切り書いてますが、本当に、朝が来るたびうんざりしました。水曜日あたりに思いついたことです。それを多少この詩でも使わせていただきました。
2008-01-12 Sat 16:06 | URL | 琴里 #tFLCjtZM[ 内容変更]
こんにちは♪
お久しぶりでございます
お忙しそうで大変そうですね
ん~河の流れと時の流れ 似ていますね
時折激流になる所はそっくりですね
2008-01-12 Sat 18:00 | URL | 憲 #-[ 内容変更]
コメントありがとうございます。

>憲さま
お久しぶりです…
わたしなんか、土日休みなのにこんなぐったりしていて
(※一応、月末あたりは締め切りの関係で忙しいんですが)
憲さまの忙しさとは、それでも比較にならないと思います…
あらためて、憲さまのすごさがわかりました…
そうですね、両方時折激流になりますよね。
ただ、河の場合はせき止めるなにかができるときもありますが、時間が…
誰か~時間をおくれ~と思うわたしです。

2008-01-12 Sat 18:24 | URL | 琴里 #tFLCjtZM[ 内容変更]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008-01-12 Sat 18:46 | | #[ 内容変更]
お仕事お疲れ様でした。
カシスの河というタイトルから、「甘酸っぱい恋の詩?」と、想像してましたが、読んでみたら失恋の詩なのですね。
読んでて切なくなりました。

ランボォの詩も素敵ですね。
私は、今まで殆ど詩というものに触れてきませんでしたが、この詩がいい詩だなーと、いうのが伝わってきます。

琴里様も、毎日素敵な詩が考えれてスゴイです。
これからも、更新楽しみにしています。
2008-01-12 Sat 19:05 | URL | リリカル #q.xrMTtQ[ 内容変更]
コメントありがとうございます。

>鍵さま
通常、普通の方があなたの文章を拝読して、
傷つく人はいないはずです。
そして普通の人であれば、むしろ、元気付けられる部類の内容です。
しかし、
自分はこの一週間生きていたくないと思っていました。
そこまでして生きていなくてはいけないのかという事実全体が重くて仕方なかったです。
変な話、激励コメントで、ここまで落ち込んだのは、初めてでした。
ブログやめようかとすら思いました。
そしてそのとき、頑張れという言葉がここまで人を落ち込ませるのかと、心の底から知りました。
(というよりわたしが期待されるとぐったりする性格らしいですが)
あなたが悪いわけでは絶対にないです。
普通に考えて、本来、うつ病が完治していない状態で、
そのほか病気の予備軍をかかえていて、それでもわかって働いている自分のほうが、悪いに決まっています。
ただ、自分自身も『元気が出るつもりの詩』をたくさんかいてきたことを思い出して、書いてしまったということです。
わたしのほうこそ申し訳ありません、
すみませんでした。
2008-01-12 Sat 19:07 | URL | 琴里 #tFLCjtZM[ 内容変更]
コメントありがとうございます。

>リリカルさま
『カシスの河』
(ランボォが書いたもとの詩)本来は、フランスにある小さな名も無い河なんかじゃないでしょうか?
ランボォの詩をよくよく読むと結構不気味な情景が浮かびますし。
ただ、わたしが今回やっていることは、
『ランボォの書いた詩のお題から、自分だったらどういうのを考えるか?』
で、書いたものです。
自分はカシスを甘いイメージで捉えましたが、
『そういえば河と時間はよく似ているな』と思い、失恋を捏造してしまいました(微笑)
自分的にはランボォ崇拝しているので彼に少しでも近づけるよう頑張りたいです。
今回のリリカルさまの『キルシュ』サナキ様が可愛かったです。
でも、たしかに、『サナキ=キルシュ=オルティナ』
そうなんですよねえ、うんうん(改めて)
でも、サナキ様のフルネームって可愛くないですか?可愛いとわたしは思うのです。
2008-01-12 Sat 19:20 | URL | 琴里 #tFLCjtZM[ 内容変更]
河の流れと時の流れ・・・
たったいま考えていたことが、もう古い記憶になるんですね。
けれど、押し流されたりせずに思いはいつも取り出してみることができます。
いらないものだけ流すことができたら、と思います。
2008-01-12 Sat 22:37 | URL | ぴ- #-[ 内容変更]
コメントありがとうございます!

>ぴーさま

>たったいま考えていたことが、もう古い記憶になるんですね。

本当に、そうなんですよね。
記憶は、忘れるためにあるのでしょうけれど、
なんでいいことはいつまでも覚えておけないのだろうと思います。
いらないものは河に流してしまって、いるものは河の水で洗って新鮮な状態にできれば、最高なのに…と思います。
なかなか難しいですけれど…ね。

2008-01-12 Sat 22:56 | URL | 琴里 #tFLCjtZM[ 内容変更]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008-01-13 Sun 00:21 | | #[ 内容変更]
琴里さん、今晩は~♪

時々、訪問させて頂いておりましたが・・・、中々コメントを書き残す時間が
なく・・・帰ってしまっていました。。。すみません。。。

琴里さんも、お忙しい時間をやりくりしながらも素敵な詩を載せているのですね~♪
ランヴォ。。。懐かしいですね~e-122
>カシスとブーケの香る河辺で・・・ この表現、素敵ですね~!

これからも、楽しみにしております~♪
2008-01-13 Sun 00:41 | URL | かのこ #-[ 内容変更]
仕事をしながらの創作は時間も制限されるし、発想にも労力を使うのでお疲れでしょう。
でも、いつも素晴らしい言葉を紡がれていると思います。
河の流れも、時の流れも、とどまることを知らず、誰にも平等に流れていきます。
失恋の想いでも、痛みも、河と時間の悠久の流れのなかで、静かに癒されていくのでしょうね。
2008-01-13 Sun 01:11 | URL | shin #-[ 内容変更]
河は思いと涙と時を乗せ
海に流れつき
雨となって
また僕に、君に降り注ぐ。

でも、さすがの河も香りまでは乗せられないっすね。
琴里さん、深いです。


お仕事忙しそうですががんばってね!
2008-01-13 Sun 17:38 | URL | ゆうや #386jo9zY[ 内容変更]
コメントありがとうございます。

>鍵さま
自分がああいう風に書いたこと(あなたのブログでコメントしたこと)は、
ある意味、甘えだと思っています。
そして、こういう書き方もなんですが、
わかってくれそうもないとこちらで判断した人にはそういうコメントは出しません。
いずれにしろ、あなたの表現が悪い云々とか、そういうことは、絶対にないです。
普通の人ならば、あなたの文章はむしろ喜ぶべき文章です。
言い訳するわけではないですが、
自分は極度に神経質・かつ神経過敏(普通の人とは違う)ので、
普通の人が感じることとは、かなり違っていると思います。
自分もコメント出す際には気をつけますので、
あなたは今までどおり、あなたの道を歩んで欲しいです。
そしてあなたのそのスタンスを、他の読者の皆さんは、期待していると思います。
2008-01-13 Sun 18:30 | URL | 琴里 #tFLCjtZM[ 内容変更]
コメントありがとうございます。

>かのこさま

カシスとブーケが香る河云々は、捏造してます…
というのは、
一応インターネットで『カシスの河』を調べたのですが、
もちろん載っているはずもなく…(苦)
ただ、ワインに関する記事を読んで、そこから、花があたり一面に咲き誇ってカシスの香りがするような河を勝手に脳内イメージしました…
働き始めてから本当に忙しくなりまして、なかなかお伺いもコメント返しも満足にできず…すみません。
休日には更新できるように頑張りますので、よろしくお願いいたします。

2008-01-13 Sun 18:35 | URL | 琴里 #tFLCjtZM[ 内容変更]
コメントありがとうございます。

>shinさま

失恋は捏造ですが、
ただ、shinさまのような解釈、素晴らしいって思います。
最近、詩を更新するときには、昼休みの空いた時間とかになるべく考えるようにしてます。
ただ、昼休みだと、詩集読みながらってわけにもいかないですので、
難しいのですけれど…
できるだけたくさん更新できるよう、頑張ります。
お休みの日にはコメント返しもきちんとできるよう、頑張りますので、
今後ともよろしくお願いします。
2008-01-13 Sun 18:40 | URL | 琴里 #tFLCjtZM[ 内容変更]
コメントありがとうございます。

>ゆうやさま
激励ありがとうございます。
でも、ゆうやさまのほうが、忙しいのでは?
お互いに、更新無理しないで頑張りましょう。
返詩、ありがとうございます。
河は海になってまた空へ還って、さらに雨になって戻ってくるというのも、
なんか素敵ですよね。
2008-01-13 Sun 18:43 | URL | 琴里 #tFLCjtZM[ 内容変更]
>サナキ様のフルネームって可愛くないですか?
私も、可愛いと思いますw
ミドルネームが、一体どんな役割なのかは不明ですが、『さくらんぼ』って、
意味の言葉が入ってるって、皇帝っていう厳つい身分の割には可愛いですよね。
2008-01-13 Sun 18:57 | URL | リリカル #q.xrMTtQ[ 内容変更]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008-01-13 Sun 19:05 | | #[ 内容変更]
コメントありがとうございます。

>リリカルさま

ミドルネームの説明が載っているサイト?を発見しました。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1212387227

多くの文化圏で、人の名前は [個人を定義する名] + [家族集団を示す名] によって構成されます。

つまり:

サナキ=キルシュ=オルティナの場合、
サナキは当然サナキ様個人の名前、
そして、オルティナが最後につくのが、サナキがオルティナの血を引くもの、ということを強く印象付けるためじゃないでしょうか?

また、『エリンシア=リデル=クリミア』なんかだと、
エリンシアが名前で、最後にクリミアがつくのは『クリミアの女王』だからかと。

米国では、英国同様、二つの名(例:太郎 一郎)+姓という姓名の形態が標準ですが、現代では、多様な移民構成などの背景から、名の他、旧姓を入れたり、母方の姓を入れたり、多様化しています。ミドルネームを省略することも多く、逆にファーストネームを省略しミドルネームを常用することもあります。

つまり、
ミドルネームは母方あるいは父方の苗字かと思います。
対外は母方がミドルになりそうですが、ベグニオンは女帝しかないので、
『サナキ=キルシュ=オルティナ』だと、
キルシュはサナキのパパのほうの苗字かと…思われます。

あと、関係ないですが、『ミドルネーム占い』なんていうのもありましたよ。
http://110129.com/mi/mi.php

本名でやったら、えらいことになりましたが;;
2008-01-13 Sun 20:47 | URL | 琴里 #tFLCjtZM[ 内容変更]
コメントありがとうございます。

>鍵さま
ありがとうございます。
あなたは、とても優しい方ですね。
だからこそ、あなたのブログにもそういう方が集まるのだと思います。
ただ、普通に考えて、社会が悪いどうこうというよりは、やはり、自分の問題だと思います。自分が社会不適合者なのに、表向き普通を装うから、こんなことになるわけであって…
自分が持っている病気は慢性的な不安が長く続くもので、一生、治らないと思います。
ですが、あなたが仰るように、それでも大丈夫になるときは来ると思います。
とりあえず、35歳になれるまで頑張ることが目標です。
嫌な想いは、全然してないですよ。
むしろ、真摯にコメントを何度も頂いて、どれほど嬉しかったかしれません。
わたしはこんな神経質で気難しくて…それでもこんなわたしのでよろしければ、
これからもよろしくお願いいたします。
2008-01-13 Sun 21:02 | URL | 琴里 #tFLCjtZM[ 内容変更]
わざわざ丁寧な説明をしていただき、ありがとうございます!!
なるほど、父方か、母方の苗字になる訳ですね。
今後、二次創作を書いていく上で、とても参考になりました。
ありがとうございます。
2008-01-14 Mon 23:17 | URL | リリカル #q.xrMTtQ[ 内容変更]
コメントありがとうございます。

>リリカルさま
正直、自分も、調べてみて勉強になりました。
むしろ、自分にとっていい機会だったと思いますよw
わたしのほうがお礼を申し上げたいくらいです。
そう、ちょっと話はそれますが、
自分は”印つき”のキャラに異常に共感します。
セネリオが出てきたときは(性格的に通じる部分があるので)
これは自分のことか?と思いましたし、
(だから彼には異常に入れ込みました。蒼炎・暁で1・2を争うほど好きです)
ミカヤの不可解と言われる第三章の奇襲攻撃の理由とかも、
なんかわかる気がするんです。
機会があれば、彼らの”代弁話?”とかもSSで書きたいですね。
時間のあるときに…
2008-01-15 Tue 22:37 | URL | 琴里 #tFLCjtZM[ 内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

| 13番目の満月 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。