13番目の満月

月を越えたいと願うなら誰より険しい山へ挑め。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

永遠

ずっと探していた
永遠なんてどこにあるのだろうと
花はやがて枯れるだろう
人はいずれ死ぬだろう
明日は来るとは限らないし
この星すらいつかなくなるかもしれない
空の雲だって一秒ごとに姿を変えているわけだし
穏やかな海でさえ絶えず水は動いているんだ
でもいまわかった
繰り返されることでなくて
変化し続けることが永遠だと気づいた
変わり続けている、まさにその瞬間が永遠だった
やっと見つけた
今は僕にも見える
太陽にきらきら光る海
そしてそこにある永遠の輝きが。
もちろん例によって原題はランボォの『永遠』です。
ここで一部抜粋しますので、
もはやわたしの駄文は完全無視して…
ランボォの詩の世界をお楽しみください。

---------------------------------------------
『永遠』

また見つかったよ!
何がさ?永遠。
太陽に
とろける海さ。

わが永遠のたましいよ、
お前の願いを守るがいい
孤独な夜であれ
燃える日であれ。

それでお前は解き放たれる
人間どもの質問から、
全員一致の昇揚から!
思いのままに飛んでゆく……

期待なんぞは断じてないぞ。
昇天だってありゃあしない。
学問したって忍耐したって、
苦しむことには間違いない。

明日なんてものはありゃしない、
繻子の焚火か、
お前の熱が
義務なんだ。

また見つかったよ!
何がさ?永遠。
太陽に
とろける海さ。

--------------------------------------

わたしの阿呆解説無用!!の最高の詩ですよね…
『また見つかったよ!~』はもちろん文句なしに素晴らしいのですが、
途中の文章も素晴らしいです。
本当に、こういう風に、全部じゃなくてもいいから、少しでも、書けたらって思います。
スポンサーサイト
別窓 | | コメント:12 | ∧top | under∨
<<お知らせ | 13番目の満月 | ある理性に>>

この記事のコメント

琴里さんの今日の詩を拝見して、仏教的な思想(般若心経のような)が浮かんできました。 タイムリーに、ちょうどそういう本を読んでいるんですよ。

ランボォさんの詩は誰が訳されているのでしょう。 原詩が読めたらどんなにいいでしょうね(フランス語ですよね?) 100人が訳したら100通りになるんだろうなぁ。 なんてふと考えました。 

これを書いているうち、やけにルーマちゃんが目に入ってきて・・・この後 ルーマちゃんと遊んできます。 では、お休みなさい。 今日もありがとうございます。 

Sweet dreams! ← この表現大好きなので、琴里さんに贈ります
2008-01-15 Tue 23:44 | URL | シャイドリーマー #8w8Th2ek[ 内容変更]
>繰り返されることでなくて
変化し続けることが永遠だと気づいた
変わり続けている、まさにその瞬間が永遠だった

この部分、とっても良かったデス。

昨日の詩では、あたしは嫌な思いはしませんでした、、、。
むしろ、コメントの返事での母との付き合い方のアドバイス、ありがとうございました。

そうですよね、、、。ははも、寂しい。
色々参考にさせていただいて、いい付き合い方をしたいです。
2008-01-16 Wed 00:55 | URL | なつ #-[ 内容変更]
琴里さん!

私もシャイドリーマーさんと同じような印象を受けました。
転生輪廻、という言葉が私の頭に浮かんできました。永遠に変化し続けること、それが永遠なのですね。

やっぱり私は琴里さんの詩のほうが好きみたいです(笑)!

Megi
2008-01-16 Wed 01:03 | URL | Megi #-[ 内容変更]
ランボォより、琴里さんの詩のほうが、私の気持ちにしっくりきます。
永遠に気づいた喜びが伝わってきて、いい詩だと思います。

2008-01-16 Wed 08:52 | URL | ぴ- #-[ 内容変更]
琴里さん、こんばんは
又、久々?詩でのコメントいれさせてもらいますね

------------------------------------

毎日、輝き素晴らしい
日とはいかない

喜びありがとう
だけど、又、やってきた悲しみ君
だんだん
苦しく涙・涙
だけど、又、心の歌で
笑顔をもらい
ありがとう

繰り返し 繰り返し

毎日が同じようで変化し続ける
だけど、やっぱり
愛しい永遠の世界

優しい光が世界に
さしこむ日をまちこがれながら
今日もごぼれる涙
2008-01-16 Wed 21:23 | URL | ヒロヒロ #qT7Via4I[ 内容変更]
コメントありがとうございます。

>シャイドリーマーさま
この詩は鈴村和成氏の訳です。
彼もまた詩人です。
ご指摘の通り、ランボォはフランス人です。
しかし、彼はキリスト教大嫌いな人なんで、
シャイドリーマーさまが仰るように仏教の思想のほうが、ランボォにはしっくりくる部分があるのかもしれません。
ルーマは最近構ってやっていないので、フテています。
よって、シャイドリーマーさまに遊んでもらえて、喜んでいます。
(飼い主失格)
Sweet DreamsってGood nightと同じ意味?ですよね?
でも、Sweet Dreamsのほうがなんか好きですね。愛を感じます。
2008-01-16 Wed 21:58 | URL | 琴里 #tFLCjtZM[ 内容変更]
コメントありがとうございます。

>なつさま

自分ごときが、ちゃんとすべての事情をわかっているわけでもないのに、
偉そうにすみませんでした。
でも、なつさまなら、きっと一番いい方法を見つけられるはずです。
なつさまもお母様も、お互いを愛していらっしゃるから。

>変わり続けている、まさにその瞬間が永遠だった

この部分は、自分でも気に入っているので、お褒めいただき光栄です。
ありがとうございます。
2008-01-16 Wed 22:01 | URL | 琴里 #tFLCjtZM[ 内容変更]
コメントありがとうございます。

>Megiさま

ランボォの説明(仏教的?)については、シャイドリーマーさまへのレスのところで、少し述べさせていただきました。
ランボォは変わり行く瞬間を、まさにとらえたんだと思います。
そしてそれを永遠だって言っているのだと思います。
『また見つかったよ!  …何がさ?…永遠。』
永遠がこの世界に溢れている、それに気がつけるという彼の喜びははかりしれなかったと思います。
そこを自分の拙い詩で補完したかったのですが…あえなく断念。
ですが、好きだと仰っていただき、嬉しかったです。
2008-01-16 Wed 22:06 | URL | 琴里 #tFLCjtZM[ 内容変更]
コメントありがとうございます。

>ぴーさま

今回の詩は、自分の詩というよりも、ランボォがこの詩をどんな気持ちで書いたのか知りたくて書いた詩でしたが、彼の喜びが寸分でもわかちあえたことは、とても嬉しかったです。
変わりゆく瞬間。『太陽にとろける海』(太陽が海に照らされてきらきら光っている様子)はその瞬間を見事にとらえていて素晴らしいと思います。
ランボォの絶賛しまくりですが、この詩がなければもちろん今回の更新はできませんでした。
そして、ある意味、コラボレーション?的な詩ですが、
それをとても評価していただいたことは、わたしにとってもとても嬉しいです。
2008-01-16 Wed 22:10 | URL | 琴里 #tFLCjtZM[ 内容変更]
コメントありがとうございます。

>ヒロヒロさま

ヒロヒロさまに対する正しい答えではないかもしれませんが、
わたしからの返詩です。
------------------------------------------------

君があとからあとから涙を流しても
僕の太陽が涙を乾かしに行こう、
彼が来るまで待っていられるものか。

君が苦しいというのなら
僕の太陽が背中を温めてあげる
彼が来るまで待ってなんかいられない。

たとえ僕に
君が本当に望んでいるものを
与えるすべが何もなくても

たとえ君が
永遠の悲しみのほうが
一時の慰めよりもまだ救われると言ったとしても

僕はきっと繰り返し同じことを言い続ける
そして同じ歌を君に聞かせ続けるだろう

僕の君への愛故に
そして僕の僕への愛故に
2008-01-16 Wed 22:24 | URL | 琴里 #tFLCjtZM[ 内容変更]
こんにちは☆
琴里さんの詩もランボォの詩もすごく良いです☆

それでお前は解き放たれる
人間どもの質問から、
全員一致の昇揚から!
思いのままに飛んでゆく……

が、気に入りました。。
時と場所を越えて誰かの詩を読んで、
そしてそれを読んで感じたことをまた誰かに伝えるって、いいですね☆
2008-01-20 Sun 13:21 | URL | くりーーーーーむぱん #-[ 内容変更]
コメントありがとうございます。

>くりーーーーーむぱんさま

ね!ね!ランボォの詩、すごくいいでしょう???(興奮)
あまりにも素晴らしい詩なので自分だけ知っているのではもったいない!!!と思い…
しかし、くりーーーーーむぱん様ご指摘の4行、すごすぎですよね。
どこをどうやったらこういう表現が出てくるんだ…!って。
自分はいまランボォに流れてますが、
何気にコクトー・ヘッセ・リルケの詩も手にいれたので、
そこらの詩も同じように紹介できればって思っています。
2008-01-20 Sun 15:21 | URL | 琴里 #tFLCjtZM[ 内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

| 13番目の満月 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。