13番目の満月

月を越えたいと願うなら誰より険しい山へ挑め。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

いただきます。

なぜ食べなければ
生きていけないんだろうと
ずっと思っていた

なぜ太陽と水だけでは
生きられないのかと
わが身を呪いつづけてきた

しかし今は違う
ここにあるたべものは
わたしの知らない場所で
わたしの知らない人たちの手から手を通って
わたしのために来てくれたのだ

そして食べたものたちはわたしの中で生きている
わたしは一人で生きているんじゃない
たくさんの命がわたしを支えてくれている
そしてたくさんの命がわたしの中で生きているのだ

いただきますという言葉は
たべものだけをいただくのではない
そこにある命をいただくということ
そこに関わる力をいただくということ
そこに込められたたくさんの想いをいただくということ

この感謝の気持ちを関わった人すべてに伝えることはできない
だからこそ万感の気持ちを込めて言うのだ
ごちそうさま、と
昨日のあとがきで語ったことです。
予告どおり、詩にできました。
本当に、たべものを食べられる、というのはどれだけすごいことだろうと思います
(もう何度も書いておりますが)
ただでさえ食べるための口、そして手、さらに食べるための道具、食べ物を味わう舌、
そしてそれを消化できるための期間、エネルギーに変えてくれる体、がなければ、
食べることはできないわけであり、
これが過不足なく毎日行われている、普通にあるということだけでもすごいですが、
昨日も書いたように食べ物を食べ物にするために、原料を作る人、運ぶ人、精製する人、
食べ物として料理する人…と、どれだけの多くの力があるかと思うと、感謝せずにはいられません。

でも、何より、
冒頭に書いたようなことを本気で思っていました。
なんで食べられなきゃ生きられないんだと、絶望的に、過去、なったこともあります。
(たとえば、牛とか豚とか、飼われるだけ飼われて食べられるの?不条理だ、って思って)
そして、それを反映するかのように、落ち込むと、身体が食べ物を拒否するというか…
そういう体でした。

でも、
今のわたしは食べたものすべてが自分のエネルギーになっていると感じます。
そして、彼等(たべられたもの)は死んだのではなく、わたしの身体のなかで、生きていると信じます。
そして、そのことに気付き、自分は一人で生きているのではないと悟ったとき、
すごく深い感動の想いがありました。
そうだ、自分は外側からも内側からも生かされているんだって、リアルにわかった気がして…
実際に食べ物に自然に感謝の想いが生まれると、本当においしいと感じますし、
ちゃんと自分の中で燃えているんだなって感じます。

さて…
明日は銀座に行ってきます♪♪♪
銀座に行くのは久しぶりです。
ですが、銀座は綺麗な方が多いので、(単に華やかなだけでなく、上品さとかが感じられるから)
一杯『きれい』の素をいただいてきます!
スポンサーサイト
別窓 | | コメント:6 | ∧top | under∨
<<宇宙 | 13番目の満月 | 浄化(BlogPet)>>

この記事のコメント

いつも以上に前向きで、感謝にあふれていて、素敵な詩です。 琴里さんが、食べることを好きになってくれて、うれしいです。 だって私、すごく食いしん坊だから(だから太るのね)

銀座ですか。 いいですね。 私は全然詳しくないけど、渋谷や新宿よりもずっと好きです。 上品だから。 ・・・東京23区だと、いちばん好きなのは丸の内かなあ。 オシャレじゃないけど。 琴里さんはいかがですか?

それから、この場を借りてすみません。 よしえさんに優しいメッセージありがとうございました。 彼女もお礼を言っていました。 改めて、琴里さんの思いやり、あたたかいハートに感謝です。
2008-01-25 Fri 22:57 | URL | シャイドリーマー #8w8Th2ek[ 内容変更]
コメントありがとうございます。

>シャイドリーマーさま

一時期、プチベジタリアン?になったこともありますし。(肉を食べないというだけなので厳密なベジタリアンじゃないです)
また、わたしは過去、体調が悪くなると、真っ先にしたくなくなるのが『食べること』で、
もう、『食べたものを身体が出そう出そうとする病』になってしまうこともしばしばありました。
だから、今回、食べ物に感謝できたことは、やっと心と身体が手をつないだみたいで、嬉しいことでもあるんです。
食べることがすきって幸せなことだと思います。
人は食べることで、エネルギーをとりこめるのだから、
美味しく食べられる人はそれだけ同じものをたべても、たくさんエネルギーを
使えるんだなと思うからです。
銀座は…作戦の一環&『hotpepper』をもらってパラパラ見ていたら、
銀座の美容室があり『これこそ運命の美容室だわ!!』と思い…
さっそく予約を取ったのです。るん♪
銀座は久しぶりなのでとっても楽しみです。
綺麗な人も多いし、おしゃれな服・高級ブランド…
考えただけでドキドキします。
でもわたしが一番好きなのは中目黒・吉祥寺なんですよ。
あのどこかほんわり感が好きです。

>それから、この場を借りてすみません。 よしえさんに優しいメッセージありがとうございました。 彼女もお礼を言っていました。 改めて、琴里さんの思いやり、あたたかいハートに感謝です。

いえいえ、ありがとうございます。
シャイドリーマーさまがお優しいから、よしえさまのような優しく繊細な方が集まるのだと思います。
わたしもこれから急いでシャイドリーマーさまのところへ伺いますね!


2008-01-25 Fri 23:10 | URL | 琴里 #tFLCjtZM[ 内容変更]
琴里さん、ありがとう、ありがとう、ありがとう!!!百回くらい言いたいです!!!

昨日の段階で今日の詩をとっても楽しみにしていました。
ここまで、素晴らしい感謝の詩とは、本当に頭が下がります!

私も思ってたことありました。
ベジタリアンっていうけど、でもじゃぁ植物には命や魂はないんだろうかって。足がなければ食べていいの?って。
今、私が思っていることは、全ての存在が、究極には、与える愛を喜びとして生きているんじゃないかって。琴里さんがおっしゃるように、本当に私たちは、周りの助けなしには生きていけないですよね。そんな私たちのために、愛を実践して、エネルギーを注いでくれている存在があるんだって思います。だから、私たちが感謝し、愛のエネルギーに変えていってあげなければ、彼らも報われない、って私も本当にそう思います。彼らの愛を無駄にせず、私たち自身も与える愛の存在になりたいですよね。
そんな想いがまた今日、琴里さんのお陰で明確になりました。涙がでそうになりました。
ありがとう!!!!!
2008-01-26 Sat 00:35 | URL | Megi #z8Ev11P6[ 内容変更]
ベジタリアンは何故ベジタリアンなのか、それぞれの主張はわかりますが、納得はできません。
命をいただくのは、肉や魚だけではないと思うからです。
空気や水でさえ、地球からいただいたものだと思っています。
だから、馳走に「御」や「様」をつけて感謝の気持ちを忘れたくないです。
2008-01-26 Sat 09:58 | URL | ぴー #-[ 内容変更]
コメントありがとうございます。

>Megiさま
>ベジタリアンっていうけど、でもじゃぁ植物には命や魂はないんだろうかって。足がなければ食べていいの?って。

これ本当に不思議ですよね。
植物も動物も同じ命には変わりないのに。
そう思って自分も悩んだ時期がありました。
そして、むしろ、食べないでも生きていける植物が、うらやましかった。
ですが、
>今、私が思っていることは、全ての存在が、究極には、与える愛を喜びとして生きているんじゃないかって。

そうですね。
罪悪感を抱いて食べるよりも、心から喜んで食べたほうが、
たべものになった動植物も報われるでしょうね。
心から感謝して味わって食べると、食べたものが自分の中で燃えている・エネルギーになっているというのがはっきりとわかります。
そして、毎日、食べるものの心配をせずに、たくさんのたべものをいただいていることを、本当に感謝しなくては…と思いました。
自分は食べられることがない(=自分の身体をたべものとして与えることができない)代わりに、
動物や植物が与えてくれる恵みを当然でなく、感謝の気持ちをもっていただきたい、そしてそのことを、毎日忘れないようにしたいと思ってます。

2008-01-26 Sat 21:03 | URL | 琴里 #tFLCjtZM[ 内容変更]
コメントありがとうございます。

>ぴーさま

>ベジタリアンは何故ベジタリアンなのか、それぞれの主張はわかりますが、納得はできません。
命をいただくのは、肉や魚だけではないと思うからです。

これ、本当に不思議ですよね。
動物は食べてはだめで、植物はいいのか?っていうことになりますよね。
普通に宗教上の理由で(たとえばある動物は汚れてるからだめで、またある動物は神聖だからだめとか)というのもあるでしょうけれど…
自分の場合は、
【肉は最初から食べられることを目的として育てられている、
つまり食べられることが運命として決まっている、
そんなのは人間の都合だ】
と、(当時)思っていました。
で、魚については、『食べられるまでは自由に泳いでいたわけで、…』
と考えていたので、大丈夫だった、
要するに自分は自分が食べられるなら肉ではなく魚になりたいかななんて思っていたこともあったんです。
(この思想?は子ども時代に読んだ某漫画の影響ですが…)


>空気や水でさえ、地球からいただいたものだと思っています。

この考えは素晴らしい思想だと思います。
だからこそ、与えられた恵みに対して、むしろ、感謝して、ちゃんと受け取らなければいけないのだと最近思いました。
日本にいると水は当然のようにあると思ってしまいがちですが、
水と空気がある星がめずらしいのであり、さらに、安全に水が飲める場所のほうが世界的には珍しいのですよね。

『いただきます』『ごちそうさま』は、日本独自の素晴らしい言葉だと思います。
この言葉を忘れないのはもちろん、この言葉に感謝の気持ちをこめるのを忘れずにいたいですね。
2008-01-26 Sat 21:12 | URL | 琴里 #tFLCjtZM[ 内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

| 13番目の満月 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。