13番目の満月

月を越えたいと願うなら誰より険しい山へ挑め。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

name

この世にあるすべてのものに名前がついている

この空を空って名づけた人は誰?
この海を海って名づけた人は誰?

目に見えないものにも名前がついている

心や魂にも名前がついている
愛や夢や希望にも名前がついている

名前を与えられた瞬間、
その存在は意味を持ち、
その存在は新しい道を歩き出し、
その存在は輝きだす

名前があるということは
たとえ目に見えたり触れたりできなくとも
この世に確かに存在するということ

そして名前があるということは
たとえ自分が否定したとしても
その名に相応しい役割を与えられているということ
自分の名前なんですが、
正直、長い間自分の名前が嫌いでした。
理由は、…苗字も名前もすごく仰々しいっていうか、
あまりいないんですよ。
(フルネームで同じ人なんていないでしょうね)
なんか完全に名前負けしているような感じで嫌でした。
でも…
名前をつけてくれた親の気持ちが心から理解できるようになったとき、
この名前が素晴らしいと思えるようになりました。
名前をつけてくれた親の想いに追いつけるように、
また、そういう人間でありたいと思っています。

ちなみに、自分の名前は、完全に当て字で、その字自体に意味はないんですけれどね…
でも、『世界に羽ばたく人になるように』って思いがこめられてます。

スポンサーサイト
別窓 | the best | コメント:6 | ∧top | under∨
<<銀座特集いきます! | 13番目の満月 | 宇宙>>

この記事のコメント

琴里さん このシンクロ度が怖いです。 先日 名前に関する詩を書いたのですが、うまくいかず消してしまいました。 いつか再挑戦するかもしれませんが。

そして!またまたシンクロなのは、私も自分の名前が嫌いでした。 特に結婚前の名前が。 苗字が珍しくてからかわれましたし、名前も堅苦しく古臭い名前でして。 洋風でインターナショナルな名前に憧れてたものですから。 最近は漢字だけ見ると、そう悪くもないかな、意外と逆にイケてるかも?なんて思えるようになりました。 

世界に羽ばたく人・・・素敵です。 琴里さんにふさわしいです。 私のは・・・おっと公の状態では明かせませんね(ヒヤヒヤ)
2008-01-27 Sun 21:18 | URL | シャイドリーマー #8w8Th2ek[ 内容変更]
小学生の頃、ぼくも自分の弱々しい名前が嫌いでした。
(本名もゆうやなんですけどね)
今はこの名前に感謝してます。
しかし、名前に相応しい役割を果たしているか…となると全く自信がありませんw

怠惰なぼくにさりげなく精進を促してくれる詩であります!
2008-01-27 Sun 21:27 | URL | ゆうや #386jo9zY[ 内容変更]
あたしの名前は、とっても平凡です。漢字も、平凡。結婚する前は苗字も平凡だったので、何かの申し込み書の記載例に使われてもしょうがないくらいで、ちょっと嫌でした。されてばかりの人はうっとおしいでしょうけど、「読み間違い」されてみたかった、、、。(笑)

でも、きっと母も父も一生懸命考えてくれたんだなって感謝しないとならないですね、、、。

まだお空にいる自分の子どもを思うとき、あたしは付けたい名前で呼んでいます。あるときは女の子名前、あるときは男の子なまえ。

だから、
>名前があるということは
たとえ目に見えたり触れたりできなくとも
この世に確かに存在するということ

このぶぶん、ぐっと来ました。

目に見えないけど、自分の子どもに、いつか会える気がしました。

赤ちゃんは、空で、お母さんを探してるんだって、で、自分で「この人にしよう」って選んでやってくるんだっていう本を読みました。(立ち読みですが、、、)

実際に子どもに聞いたという設定の証言集みたいな感じでした。

「早く行きたかったけど、ママが忙しそうだったからもうちょっと待とうかなって思ってた」とか。そしたら、実際にその子のママは結婚して数年は仕事が忙しかった、、、とか。

旦那はバカにしてたけど、あたしは信じようと思ってます。

「ママはまだ疲れてそうだから、もう少ししたら行こう」って思ってるんだと思います(笑)

名前もつけてるし。だから、本当にいるんだと思います。

って長い上に、意味わかんなくてすみません、、、。



2008-01-28 Mon 00:58 | URL | なつ #-[ 内容変更]
私はいまだに自分の名前が好きではありません。
名前の響きは好きなんですけど、込められた意味が結局姉に関連しているんですよね。
「その名に相応しい役割を与えられている」
やっぱり、そこから抜け出すことはないのだな、と思えました。
あ、でもこの詩でいやな思いをしたとか、そういうことではないので。
こういうのも人生のひとつとして、ありかな、ぐらいの感じです。
2008-01-28 Mon 11:16 | URL | ぴ- #-[ 内容変更]
琴里さん、こんばんは
私の場合、確実に名前負けしてます・・・。
そんなに気にしないけれど、親がそういう意味を込めてつけてくれた
ことが今はうれしく思えるようになりました。
ちなみに私の名前の「広美」で由来は広く美しい心を持てる子になるように
と(意外にも)父がつけてくれたそうです。
でも、無理です、、、(笑) 
もう、あきらめてるのでいいとしようと。。。

2008-01-28 Mon 21:13 | URL | ヒロヒロ #qT7Via4I[ 内容変更]
琴里さんこんばんは
たびたまも自分の名前 あまり好きじゃなかったです
こどものころ 自分の名前の意味を知る という学校の宿題で
どう考えても どういう意図をもって名付けられたのか わからず
私の名前にはどんな意味があるのか と 母親に尋ねたら
「○○会の先生に姓名判断でつけてもらった」
という答えで そのときは かなりショックでした(笑)
でも 姓名判断に頼るのも また
子の幸せを願えばこそ なんですよね(^ ^)
2008-01-28 Mon 23:14 | URL | たびたま #MVJDkies[ 内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

| 13番目の満月 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。