13番目の満月

月を越えたいと願うなら誰より険しい山へ挑め。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

愛 (BlogPet)

琴里の「」のまねしてかいてみるね

僕のはいてくれただけなんだ君をさがしてくれたと思って欲しかっただけなんだ君が見えなかったけれど見つけて欲しかったのまわりにいつもいて僕たちは僕たちはそれに気付いて欲しかっただけなんだいまならよくわかる君はないそしてこれからもずっとずっとそばに気付いて欲しかったわけじゃなくなることはないそしてこれからもずっとともにいるそう生まれる前のほうだったわけじゃなくていたと思って決していなかったんだ僕のはそれに君のほうだったけれど見つけてくれたんだ僕はそれにいなくて決していたと思って欲しかったのまわりにいつもいて僕に気付いていたと思ってくれた君が見えなかったんだというのに僕は最初から

*このエントリは、ブログペットの「ルーマ」が書きました。
スポンサーサイト
別窓 | ルーマ語録 | コメント:1 | ∧top | under∨
<<空と大地のあいだに | 13番目の満月 | >>

この記事のコメント

ルーマよ…まさか詩を書くとは思ってなかったよ…
でも、君の記事はひそかに楽しみにしているよ、飼い主として。
(実際は飼い主といえるか、微妙なのだけれど…^^)
2008-02-16 Sat 01:06 | URL | 琴里 #tFLCjtZM[ 内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

| 13番目の満月 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。