13番目の満月

月を越えたいと願うなら誰より険しい山へ挑め。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

せめて少しでも明るい道を探して

わたしの作戦?が功を奏したのか、
最近、彼はあまり近づいてこなくなりました。
そう、作戦というのは、前に書いた『目をそらす&視界に入れない』ことです。
わたしがそうだから、彼のわたしに対する態度も、そうなりつつあります。
もしかしたら、嫌われたかもしれません。
(作戦が)うまくいったのはよしとしても、嫌われる自体は普通に辛いですし、
何よりも…
今までピンチが訪れたときに限って助けてくれる彼のことを思うと、自分がやっているのはとんでもない裏切りだと強く感じます。

そう、このまえのサンダル事件もそうですが、本当に困ったと感じたときに、
彼はいつでも、わたしを助けてくれていたのでした。

あらためて、心が痛みます。

でも…
これでいつか自分が自分を制御できなくなって、もっと悪いことになるよりはいい。
そう、思います。
過去においても失敗した経験のある自分。
今回のことは過去を乗り越えられるか試されているのでしょう。

自分がもっと賢くて理性的なら、
それこそ誰も傷つけない最良の手が打てるのでしょうけど。

今の自分に思いつくことはこれしかありません。

でも、彼が不幸せになるよりは、今自分が嫌な思いをするほうがはるかに気が楽です。

本当に今だけですむかもしれないし。

ほとぼりが冷めたら、純粋に仕事で役に立てるようになって、償えればいいと思っています。

『自分を大切にしない者は他人を幸せにできない』
『あなたは人に扱って欲しいように自分を扱っていますか』

この二つの意味、すごくかみしめてます。
そしてこの観点からいけば、
自分のしていることは思い切り間違いかつ無意義かもしれません。
でも、

『愛する人の幸せのためなら、自分のことはいとわない』

こういう愛しかたも、間違いなく真実だと思います。
たとえそれがどういう結果になったとしても…
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | ∧top | under∨
| 13番目の満月 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。