13番目の満月

月を越えたいと願うなら誰より険しい山へ挑め。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

切の祈り

毎日心を少しずつ凍らせていく日々
でもその中であなたがあたえてくれた優しさは
どれだけわたしを温めてくれたことでしょう
どうか忘れないで
あなたが普通にいるだけで癒されている人間がいるということを
そしてどうか変わらないでいて
あなたがあなた自身であり続けるということを
今は何も返すことはできない
ただ受け取るだけしかできない
それでもわたしはあなたの言葉を笑顔を幸せを
心から望んでいます
そして願います
いつかあなたに戴いた温かさ優しさを
わたしを凍らせた人たちに
分け与える日がくるように
あえて詳しくは書かないですが、
自分にも味方(と自分が思ってるだけかもしれないですが)がいるってことで。
でも、その人と関わると心から笑えるというか・・・
そういう人がひとりいるだけでも、自分は本当に恵まれてるなって思います。
あ、好きな人とかじゃぜんぜんないですよ。
彼はどちらかというと完璧な面白キャラだし。
へたすると自分の年齢プラス20歳くらいだろうし・・・
でもこういう人が友達だったら・・・と願わずにはいられません。
スポンサーサイト
別窓 | | コメント:2 | ∧top | under∨
<<しあわせって | 13番目の満月 | 切実>>

この記事のコメント

そんな安心できる人が一人でもいるだけでもありがたいですよね。
私も昔、本当に孤独で、一人で殻にこもっていた時代がありました。
でも、やはりたった一人だけ、お互いに理解しあえる友がいました。
その人にどれだけ救われたことか。
人間って、支え支えられ、お互いに助け合って生きているのですよね。
今、彩霞さんにとってその方が必要なら、たくさん甘えてください。
そして、また元気になった時に、その感謝を循環させていけばいいのだと思います。
母鳥の羽の中で安らぐ小鳥のように、その方の優しさの中で、ゆったりと癒されてください。
そんな存在がいるだけでも、彩霞さんはとっても恵まれていると思います^^
2008-09-06 Sat 03:05 | URL | Megi #-[ 内容変更]
コメントありがとうございます。

>megiさま

>私も昔、本当に孤独で、一人で殻にこもっていた時代がありました。
でも、やはりたった一人だけ、お互いに理解しあえる友がいました。
その人にどれだけ救われたことか。

辛い時期を経ながらも感謝の心を大きく持っていたMegiさまだからこそ、今の幸せがあって、そして美しい心を持ち続けていられるんだな・・・とあらためて思ってしまいました。
余談ですが、
詩で書いたその人は仕事上の接点はそんなにないですので、実際甘えるどころか普通に話すひまもなかなかないのが現状です。
でも・・・同じ部署で、自分の相談を聞いてくれる方がいました。
内容および経緯については詳しく書けないですが、
本当に泣けました。
その人のためだけに仕事してもいいかなとすら思いました。
もう敵(???というのとは違うかもしれないですが)が何人いようと関係ない!!!
あらためて自分は幸せなんだと思いました。
2008-09-07 Sun 23:25 | URL | 彩霞 #tFLCjtZM[ 内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

| 13番目の満月 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。