13番目の満月

月を越えたいと願うなら誰より険しい山へ挑め。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

夜明け前(4)

話を戻しましょう。
話は、異動辞令前、
つまり人事の人との面談に遡ります。
この時点でもちろん異動辞令が出るのは確定なのですが、
最後に本人の意思確認のようなことを面談するのです(人事の責任者と、異動する人(自分)と)

今度こそ、逃げられないと思いました。
わずか数日前に倒れていることや、その前にも倒れたり具合悪くなったりがあったので、
そして、この場で、告白しました。
自分は、病気だと。
病名ももちろん言いました。
内心、異動前に、辞めさせられること(条件が悪くなること)を覚悟しました。
しかし・・・
人事の人の答えは・・・
『無理してほかの人に話す必要はないから、今まで通りやっていきましょう』
『でももし何か困ったことがあったら、そのとき言ってくださいね』
でした。

・・・・正直(何回か職を変えていますが)このような会社は今までありませんでした。
このように親切にしてくれる会社は。

しかし、無理してほかの人に話す必要はない。と言われましたが
部長に話さないわけにはいきませんでした。

なぜなら・・・・
どんなことがあったにしても『異動』させて自分に最も負担の少ない
(それほど仕事内容が変わるわけでなくてなおかつ早めに上がれる)方法をとってくれたのに、
万一病気が悪化、仕事にならない、なんてことになったら・・・・
それこそ大迷惑どころか裏切りになってしまうから・・・

だから・・・
今度こそ覚悟しました。
もしこれで(病名を言って)辞めさせられることがあったとしても、仕方ないと、思いました。

なので・・・
昨日、部長に、言いました。(※以下一部反転して読んでください)

”自分は、うつ病です”
”自分は、精神科に行っています”

しかし・・・・
部長の答えはこうでした。
『この病気は必ず治る病気だから』
『もし(異動について)意気に感じているのなら、少しずつ頑張って仕事して、健康になっていけば、それでいいじゃないか』

つまり・・・彼もまた、わたしの病気を知った上で、
それでもわたしを受け入れてくれたのでした。

自分はもうただ泣くばかりで・・・

今の自分には何も返せません。
『ありがとう』としか言えません。

ですが・・・
彼等の前では悲しい顔を見せないように・・・
なるべく笑っていられるようにしたいです。
そして・・・
彼等にも、いつも笑っていて欲しい。
(最終章に続きます)
スポンサーサイト
別窓 | 自分のこと | コメント:1 | ∧top | under∨
<<夜明け前(最終章) | 13番目の満月 | 夜明け前(3)>>

この記事のコメント

はじめまして、ちょくちょく参考にしています。また遊びにきます。
2008-10-23 Thu 20:28 | URL | はなえ #-[ 内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

| 13番目の満月 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。