13番目の満月

月を越えたいと願うなら誰より険しい山へ挑め。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

意趣返し

僕はどれだけのものを捨ててきたのだろう

決して捨てたものが憎いわけじゃないんだ

捨てられる側になるのが嫌だった

捨てられるくらいなら自分から捨ててやる

ただそれだけだった

もはや言い訳にすぎないだろうが

心はいつも怯えていた

いずれ運命の意趣返しがくるのだろうかと

そしてその恐怖から開放された今、

これは逆に救いだったのかもしれないと

奈落へと転がり落ちてゆきながら思う
スポンサーサイト
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<< | 13番目の満月 | インディゴ・チルドレン>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 13番目の満月 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。