13番目の満月

月を越えたいと願うなら誰より険しい山へ挑め。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

一枚の羽根

あなたの言葉は
まるで小さな羽根のようだった

必要以上に慰めることもなく
殊更に存在を強調することもなく

だけどその優しい感触に
涙が零れそうで

たった一枚の羽根であっても
わたしの心は充分温められた

でも、わたしの魂は知ってる
この羽根は自分のものではないということを

夜明けの薄暗い空間はやがて
朝焼けの空へと移り変わってゆく

わたしは両手を開いて羽根を解き放つ
そして羽根は風のもとへと還ってゆく
誰のこと書いているのかバレバレですね・・・

実は、、、ともったいつけることでもないですがここ数日体調が思わしくない日々を過ごしておりました。

その日も・・・部内ミーティングがあるからということでやむをえず会社には来たものの
本心からすると身体が辛くて辛くて仕方なかったのです。

そんな折、原さん(※彼のことについては過去ログを参照してください)が自分のそばに来て
(誰にもわからないように)『体調大丈夫?』と言ってくれたのです。

(この人はなぜ自分が具合が悪いのがわかったのだろう?自分はそんなに顔色悪いのかな)
と思いましたが、

とりあえず部内のミーティングだけには出て、
その後は『無理しないようにね』という彼の言葉に甘え、早退することにしました。

そうしたら、後でメールが入っていて…

『身体の具合は大丈夫?』という、それだけの内容でしたが…
返事を書いて最後に『返信は結構ですm(_ _)m』と返したら
夜遅くにまたメールが来て…

『安心しました。無理はしないでね』

泣きそうになりました。

彼の言動にはふわふわの羊の毛にくるまれたような、そういう安心感と安らぎがあって。
そして、いつもいつも優しくしてくれて。
(こちらはいつも迷惑かけてばかりなのに)

もっとも、彼は誰に対しても同じように優しいのですが。

それでも…

自分が人の上に立てる立場になったら、彼のような人になりたい、、、と(しつこいですが)
思います。

でも、『○○さんのようになりたい』
それって、その人を好きだということなのだろうか?

まずいな・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
スポンサーサイト
別窓 | | コメント:3 | ∧top | under∨
<<一枚の羽根(BlogPet) | 13番目の満月 | 清算期?……いいえ、転換期なのかもしれません。>>

この記事のコメント

彩霞さん、こんにちはv-411
言葉の存在ってすごく大きいですよね。
思いやりを、すって言葉にできる人って素敵だし、
近くにいてくれるとほっとできたりするような気がします。
ヒロヒロは言葉足らず派なので、
そういう方は本当に尊敬に値するなって思います。

ヒトの心に届くような、言葉を発せられるっていうのは、
きっと、自分の心のうちの中がしっかり見えてる方なんだろうなぁ~。
ちゃんと優しさをわかってる人なんだろうなって思います。

彩霞さんの心のうちはわからないけど…(汗)
ヒロヒロも若いころ、上司さんの事を好きだったことがありますよ。全くもって、子供扱いされ、相手にされませんでしたが・・・。
でも、今はその存在に救われたり、心強かったりしたので悪いことじゃなかったような気がします。
って、何の答えにもなってないですね…。
ではでは。
                  by ヒロヒロ
2009-02-13 Fri 17:07 | URL | ヒロヒロ #qT7Via4I[ 内容変更]
私は彼のことが好きですが、彼のようになりたいと思ったことはありません。
憧れが、恋愛感情に変わることもあるでしょうし、友達から恋人へ発展することもあるかもしれません。
好きという気持ちは、なんなのでしょうね。
2009-02-16 Mon 15:59 | URL | ぴ- #-[ 内容変更]
コメントありがとうございます。

>ヒロヒロさま
自分も多分相手にされないと思います。
(というか、相手にしてもらっても困るわけですが。結婚されてますし・・・)

>ヒトの心に届くような、言葉を発せられるっていうのは、
きっと、自分の心のうちの中がしっかり見えてる方なんだろうなぁ~。
本当に、そうなんですよね。
ただ優しいだけでも言えないし、自分の心も、人の心も、それぞれ汲み取れないと言えないと思います。
今は何よりも、
たとえば自分が誰かを案じていたとしても、それを、自分勝手な感情や嫌味にならないで伝えられる人になりたいですね。
毎日、いろいろなことを教えてくれる存在です。

>ぴーさま
>私は彼のことが好きですが、彼のようになりたいと思ったことはありません。

そうですね…
普通は『同化したい』(ここでいう、彼のようになりたい)とはなかなか思わないものだと思います。
そう考えると、自分のはむしろ憧れに近いんでしょうか?
よく同性で素敵な方がいたとして、『あの人みたいになりたい』みたいなのは聞く話ですが、それに近いのかもしれません。
『好き』って、本当に不思議な気持ちですよね。
愛も友情も恋も憧れも『好き』ですからね。
と、書いていて、あらためて自分の気持ちを再確認していまいました…
難しいですね。
2009-02-18 Wed 00:05 | URL | 彩霞 #tFLCjtZM[ 内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

| 13番目の満月 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。