13番目の満月

月を越えたいと願うなら誰より険しい山へ挑め。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

人生最大のメンターとの出会い

今年一年を振り返ったとき
【感謝】という言葉なしでは終われないと思う。
もしソウルメイトというものが本当にいるとして
出合った時に必ずそうとわかるとは限らない。
あとになって振り返ってみて、この人は自分にとって
人生上大事な人だったんだなと気づくときがある。
そして今、そういう人と出会えて、時間を共有できて、自分は幸せなんだなと
心から思う。

-------------------------------------------------

その人とは約3年前に出合いましたが
そのときの印象は多分薄かったです。
ですが、自分の中では不思議に、会って間もない段階から
この人であれば秘密の話であっても話しても大丈夫という確信がありました。

そのうち会社内で異動があり、その人の下で本格的に働くことになりました。
最初はもちろんうれしかったです。
ですが、その喜びは、ほどなくして悪い印象に変わりました。

その理由。

彼は仕事中一切愚痴をこぼさない人。
たとえほかの人が休んでいても、彼は働く。そしてそれを強制するわけではない。
そして彼が何かをするときはほとんどが自分のためでなく人のため。

それのどこが悪い印象なのか?

・・・あまりに彼が正しすぎて
自分が彼に対して劣っているということをこれ以上ないほど見せつけられたから。

あんたが休まないから、こっちが休みを取りづらいんだよ。
これ以上あんたの価値観をこちらに押し付けないでくれ。こっちが辛いんだよ。

何度も思いました。

そして実際に関係も悪くなりました。

でも・・・・
実際に店舗で一緒に手伝いに行き、彼の働きぶりを見て、自分は真剣に自分を恥じました。
彼は一番遠いところから来ているのに、店の人間より早く来て働いている。
どんなに体調が悪くても、それを一切出すことはない。
当時自分は風邪気味&熱っぽくて
こんな体調なのにヘルプなんて、と一瞬でも思っていた自分がバカだと思いました。

そして今改めて、自分の弱点に真剣に向き会おうと思った、そのきっかけを与えてくれたのは彼でした。

自分が不調なときは仕事中であっても相談に乗ってくれました。
わたしの心の弱点や体調の弱い部分について指摘してくれていました。
当然、厳しいことも何度も言われました。
彼は強制はしない人ですし、例えば転んでも引っ張って起こしてくれるタイプではありません。
ですが、どんな情けない状態であっても、
自分から起き上がるのを待っていてくれていました。

常に背中で、『人として』あるべき姿を示してくれた彼。

その姿を見ていて、自分も、病気が云々というよりも
『人として』まっとうでありたい、強くなりたいと強く思いました。

1月からいろいろな療法、また心について学びたいと思ってます。
いつまで彼と一緒に働けるかはわかりません(異動とかもありますし)

ですが、彼が居るうちに
少しでも何かでも返せることができれば
返せないまでも成長した自分を見せることができれば
今はそれが自分の願いであり来年の目標です。


------------------------------------
※メンター
「助言者、師匠、教育者、後見人」
仕事ヤキャリアの手本であり、『師』と呼べる人。
ギリシア神話に登場する賢者「メントール」が語源。

※※彼に関するエピソード
http://kotoripoem.blog33.fc2.com/blog-entry-464.html

スポンサーサイト
別窓 | 自分のこと | コメント:0 | ∧top | under∨
<<手紙 | 13番目の満月 | 不安について>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

| 13番目の満月 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。