13番目の満月

月を越えたいと願うなら誰より険しい山へ挑め。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

どうしようもないことについて考える

もし、あなたが、受け入れがたい現実に遭遇した場合・・
あなたはどう行動しますか?
(人によってはかなり重い文章になると思われます。
よって、覚悟ができるまではこれを読まないでください)


1現実をまっすぐ見据えて受け入れる
2とにかく現実からどんな形でも逃避する
3とにかく忘れようと自分を制御(抑圧)する
4その事実があったことを無視する。もしくは完全否定する。
5誰かや何かのせいにして自分を正当化する。
変なようですが
わたしには1~5のどれも正しいような気がするんです。
今となっては。

あえて詳細は書きませんが
自分には過去苦しかったことがあります。
今悩ませている思いがあります。

今自分を一番悩ませていること・・・

◆過剰なまでの過敏反応。
ニュースを見ると(その内容にもよりますが)
心がささくれ立ち酷い時には実際に胸の痛み・呼吸が苦しくなります。
(なので基本的にあまり見ないようにして、心の準備ができたときだけ
インターネットで確認するようにしています)

◆光など刺激に対して過敏なため(これも体調によるところがある)
酷い時はPCの画面を見るのが辛いです。
嗅覚過敏もあるため(体調によるけれど)食べ物に対して過剰反応してしまいます。(気持ち悪くなるか下痢。)


◆周囲に対する過敏反応。
明らかに空気(雰囲気)が悪いと分かった時には具合が悪くなります。

◆恐怖を感じやすい心。
かろうじて恐怖症でない程度にはとどめていますが
恐怖を感じる対象の多いことといったら。
毎日を生きるということ自体が、自身にとっては奇跡のように思えます。

安定しない体調。
振幅の大きい心。

一時本格的なうつ状態(7年ほど前)になったときから
顕著になった部分もありますが・・


本当のことを言うと、兆候は3歳くらいからすでにありました。
何もわからず理由もなく泣く自分に
当時両親は大変困惑したそうです。
小学生のときはしょっちゅうお腹が痛かった。
そのときは原因などわからなかったけれど
いま思えばそのときからどこかの何かが悪かったのかもしれない。

そして、その状態が嫌でどうしようもなかったとき
わたしは、ある文章を見つけました。

-----------------------------------------------------
【心を強くする方法(要約)】
※たしかこんなこと書いてありました(うろ覚え)

人間の本質は、自分自身しか愛せません。
だから、人は、他人から制御されることを嫌います。
多くのストレスの原因は、制御できないことを
制御しようとしてうまく行かないときに起こります。

この事実に気づいたとき、わたしは、自分で制御できないものは
すべて無視すると決めました。
次に、自分自身がコントロールできるものにすべてのエネルギーを注いでください。
おそらく心の悩みについて、大概のことはこれで解消されます。

------------------------------------------------------
この文章を読んでかなり救われた気分になりました。が・・・

自分にはどうしようもできないことがありました。

【自分で制御できないものは”すべて”無視する】

自分が思ったってどうしようもないし何が変わるわけでもない。
なぜこの感情を感じるんだろう。
そしてこの感情はどこから来るんだろう?
そして、なぜそう感じずにいられない?
これはほかの人もそうなんだろうか?

最近はこんなことばかり考えて疲れてました。

もちろんこれを振り切るためにあらゆる努力をしたつもりです。
成功哲学系の本を何冊読んだことでしょう。
ですが、一時的な高揚があったとしても
その感情は何度も自分に舞い戻り絶えず頭の中で反芻する。

もう、記憶なんかなくなればいいのに。
感情なんかなくなればいいのに。疲れた。


なので、本当にたまたまではありますが
上司の【病院に行きなさい】は

自分にとってはある意味最後の、
自分自身に向かい合うチャンスでもあったのです。

ずっと思っていたことや悩んでいたこと。
きっと感情とか、どこかにゆがみがあるって言われるだろうな。
認知療法とかやったら、さらに辛い感情に経験するかもしれない。

とりあえず簡易心理検査をやりました。
もっと本格的なのは3月にする予定です。

正直言って結果が恐ろしくて堪らないのも事実です。
ですが、今度こそ、たとえ何を感じたとしても、
今すぐに消化(昇華ともいう)できなくても
受け入れるつもりです。

今、【テレジアとニーバーの祈り】をあらためて思い出します。

神様
変えることのできない物事を受けいれる落ち着きと、
変えることのできる物事を変える勇気と、
そしてその違いを常に見分ける知恵とをお与えください。
スポンサーサイト
別窓 | 自分のこと | コメント:4 | ∧top | under∨
<<チドリと大相撲の話 | 13番目の満月 | たまには羽根を吹いて飛ばすように>>

この記事のコメント

この「恐怖」って…
私は橋を渡る時に、落ちるんじゃないかと、いつも思います。
海などで、テトラポットを見ると、あの間に挟まりそうな自分を想像して、恐怖を感じるし。
手には、汗がビッショリ。
橋といえば、高速道路も本当はダメなんですが、防音壁があると平気なので、本当に恐いのは、高さなのかな?
こういうのって当たり前のことだと思うんですが、病院に行くようなことなのでしょうか。
それとも、恐怖を感じるレベルの違いでしょうか?
私は、具合いが悪くなるのがわかっていても、恐いニュースは見ますから。
(でも、顔は蒼白で、手には汗がビッショリです)
2011-01-30 Sun 06:10 | URL | ぴー #-[ 内容変更]
>ぴーさん

>こういうのって当たり前のことだと思うんですが、病院に行くようなことなのでしょうか。

自分もずっとそう思っていました。
皆、態度に出さないけれどそうなのだと。
だからこそ、うつ状態になったときも
身体の症状だけメインに見てもらって
身体がよくなったらあとは薬を減らす方向で・・・という感じで治療してました。
(ただしその時代も”あなたは感覚が敏感すぎるところがあるから”と、統合失調系の薬は出ていました)
自分の場合は怖さを感じる感受性云々というよりは
(とくにあくまで自分の現状については)
単に神経系統・脳の働きの問題かなと思ってます。
今回の【病院行きなさい】はもともと、親の病気云々で自分が微妙に糸が切れてるみたいなところがあって、それが明らかに上司に伝わっていたので、(上司には具合が悪くなる前からいろいろ相談に乗ってもらっていた)それで行くことにしたんですが、そのときに【どうせ高いお金を払って病院に行くなら、自分の中で未解決の問題を解決しよう】と思ったのです。
ただ、最初に書いたことと微妙に矛盾するようですが
人によって感じ方はやはりあると思います。
怖さのセンサーが少ない人もいれば、敏感な人もいると思います。
そしてたとえ敏感なセンサーを抱えていても、現実から目をそむけず、現実と折り合いをつけてゆく強い人はいると思います。
自分の場合は、苦しい時に薬が出て楽になりたい気持ちも正直ありますが
とりあえず自分が客観的にどうなのか知りたいというか・・・
正常でもそうでなくても、どんな結果が出ても、あとは自分の中で、薬を最終的には使わずに、受け止めて前に進んでいくことができれば。
最後に、
わたしから見たぴーさんは強い女性です。
ブログを読んでいても、今回のコメントでも、
自分の中にある恐怖も、繊細な部分も肯定してそれでも受け止めて前に進んでいく、そういう印象を受けます。
自分も、もっといろいろなことを受け止めて肯定できる人間になりたいです。
2011-01-30 Sun 13:07 | URL | 彩霞 #tFLCjtZM[ 内容変更]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011-01-30 Sun 16:10 | | #[ 内容変更]
>鍵コメさま

不思議に聞こえるかもしれませんが、わたしは前に進めるのであればどんな方法でも良いと、今は思っているんです。それが逃避でも否認でも。以前は絶対に向かい合わなきゃいけないのかなって思っていましたが・・
そして、安心しました。(恐怖を感じるのは)自分だけじゃないんだと思って。
自分は確かに反応が異常な気がしますが、だとしても自分だけじゃなかったんだと。
【脳が赤信号を起こして誤作動】すごいたとえだと思います。まさにその状態をぴったり表していると思います。
自分はこの状態について、治るのだろうか、常に考えてました。そして薬だけではその場しのぎはできても、根本から直すことはできないという辛さも、わかっているつもりです。ですが、
一度は治した→直し方がわかっているはずなのに、【次に失敗したら二度と立ち上がれないような気がする】と心のどこかで思っているところが自分の弱さかなと思ってます。

>自分を責めても過去は変えられない

本当にそうなんですよね。
自分はとある事情で自分はいないほうが良い、もしくは他人がみんな自分のことを忘れてくれればと何度思ったことか・・・自分より辛い境遇にあった人はもっと思っていると思います。だから、自分を直した後、
ほかの人を直す(直すというよりも、少しでも長い間穏やかな気持ちを味わえるようにしたい)というのが自分のひそかな願いでもあります。
今はいろいろとありますがこの悪足掻きが少しでも解決になれば、そしてそこから何かを感じていただければというのがわたしの思いです。
いつも温かく優しいコメントありがとうございます。
2011-01-30 Sun 18:26 | URL | 彩霞 #-[ 内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

| 13番目の満月 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。