13番目の満月

月を越えたいと願うなら誰より険しい山へ挑め。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

我が名は混沌

どこへいくわけでもなく夜の海辺を歩く

星のかけらを拾い海へ還す

ここは混沌 海も空も闇色

彷徨いながらわたしは何者と闇にたずねてみる

波の音と心臓の音が重なる それが答え

思い出手放すため そして光を見出すため

底深い海の愛に悲しき魂を浸し

そして静かに眠りにつくのだ
スポンサーサイト
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<うたかたの世界 | 13番目の満月 | 聖なる川>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 13番目の満月 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。