13番目の満月

月を越えたいと願うなら誰より険しい山へ挑め。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

七夕(彦星の気持ち)

一生愛することを禁じられたわけではない
一生結ばれることを禁じられたわけではない
そしてそれはほかの誰かでも構わないはずなのに
僕はまだ、君を待っている

七月七日の夜、星達が光の道を作る
君の僅かな光を頼りに、道を進む
そして長く待ち焦がれた夜はあっと言う間にふけてゆき
僕たちはもとの場所へ帰らなければいけないのだ

けれど、僕たちは毎年ほんの少しずつ近づいている
君と僕が星になった今でもそう
僕はこれからも待ち続ける
今度こそ永遠に一緒に暮らせるまで
あと何万時間と何万光年
スポンサーサイト
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<スパイラル | 13番目の満月 | 君への想い>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 13番目の満月 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。