13番目の満月

月を越えたいと願うなら誰より険しい山へ挑め。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

自分の秘密

秘密ってほどでもなんでもないですが
更新しなかった間に起こったことをぽつぽつと。
別窓 | 自分のこと | コメント:2 | ∧top | under∨

依存について考える。

依存というと
お酒、買い物、薬物、ギャンブル・・・

いろいろあると思います。

そして、人様に迷惑をかけてあるいはその範囲が尋常でなくてなおかつ自分の意思で辞められない時点で
一般的には『依存症』と言われると思います。

ちなみに
自分には微妙にやめられないものがあります。

一つは甘いもの(婦人科系統の不調により節制しているため摂取量は大幅に減りましたが)
もう一つはアクセサリーとかお守りとか、インテリアとか『きれいなもの』です。

他人に迷惑をかけているか否か、という意味だけでは
依存症には当たらないと思います(大体見境なくなるほどびびって買えないですし)

ですが
『完全に抜けていない』という時点では
自分は依存なのかなと思います。(たとえば微妙に罪悪感を覚えるとことか)

そしてそういう意味なら
かなり多くの人が依存症になってしまうと思います。

お酒を毎日飲む人、タバコを吸う人、自分より甘いものを食べる人はたくさんいますし・・・
また、宗教とか習慣とか、そういうのだって広義の『依存』かなと思います。

少なからず自分のことだけについて考えたときは
なんで自分は完全に抜けられないんだろうと思います。
自分の心が完全に満たされれば、依存なんてしなくてすむはずなのに。

そして完全に依存しない自立した人間を夢見つつ
でも一方では人はひとりでは生きられない、
また、子が親に依存するみたいな『正しい依存(依存とは言わない?)』があるのも確かなのです。

何が正しくてどこまでが正しくないんだろう。

そしてもうひとつの思い。

依存症をなくしたいなら、依存対象をなくせばいい。
でも実際は、なくなるということは絶対にありません。
多分なくなったとしても、きっと違うものに依存対象を変えるでしょう。それでは意味がない。

ある方へのブログのコメントに
『自分が敵だと思いたいものはもしかしたら敵でないかもしれない、でもそれを認めると
それまでの自分を全否定する気がする』と書きました。

そうなんですよね。お酒とかお菓子とかは、本来は心を豊かにするものだし。
薬物にしたって使いようによれば、ガンの治療みたいに人を救ったりするわけだから。
(ただ、ギャンブルとかはどうしてもそうは思えないですけれどね・・)

悪いのはものでなく、かかわる人によってかわるものだから。
人やもの、こととの『正しい付き合い方』を知りたいです。心から。

世の中に存在するものはすべてに意味があるんだと思いつつも
それでも自分が耐えがたいと思うものはたくさんあり・・・

書いていてあらためて強い心を持ちたいなと思った次第でございました。
別窓 | 未分類 | コメント:2 | ∧top | under∨

行ってきました②

行ってきました。
ここからは少し微妙な話です。
別窓 | 自分のこと | コメント:0 | ∧top | under∨

行ってきました

カウンセラー学校の説明会に行ってきました。
別窓 | 自分のこと | コメント:3 | ∧top | under∨

ライラレン(あなたは何で心を満たす?)

”あなたは何で心を満たす?”

人は幸せを求めていろいろなもので心を満たす

モノを買って満足したつもりになったり

勝負に勝って誇らしげになったり

友達を作って楽しい気持ちになったり

ときには不安で心がいっぱいになったり

あるいは悲しみで心が破れそうになったりするが

それでも心がからっぽになるよりはましらしい
人はいろいろなもので心を満たす

でももし本当に心がからっぽなら
いったいどうなるんだろう?
人はその状態では生きていけないのだろうか?

そしてただ心を埋めるためだけに感情が必要なら

不安とか恐怖とかあるいは楽しみとか幸せとかも
もしかしたら大差ないのかもしれない

一番の恐れの正体が実は一番の幸せかも
別窓 | | コメント:1 | ∧top | under∨
BACK | 13番目の満月 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。